« 『ワルキューレ』@METライブビューイング | トップページ | 「脱原発依存」の表明 by菅首相 »

2011年6月25日 (土)

『六月大歌舞伎』 @新橋演舞場

110625 この齢になって初めて「歌舞伎」を観ました。新橋演舞場での六月公演「夜の部」は『吹雪峠』、『夏祭浪速鑑』、『色彩間苅豆・かさね』の3本立てです。幕開けと同時、効果音と共にいきなり現れた吹雪場面にまず驚かされました。背景は宵闇とはいえ鮮やかな色彩をもった舞台美術です。そこで繰り広げられた愛憎劇は台詞も含めて現代劇と変わりません。歌舞伎というものが、こんなにもモダンな装いであるとは知りませんでした。

二つ目の『夏祭浪速鑑』は約2時間にわたる人情劇でしたが全く退屈することはありませんでした。物語の展開が一方通行(初体験者にとっては起承転結が理解できない)であることと、台詞が聞き取りにくいことに若干の難点はありましたが、明るい舞台色彩と衣装、コミカルな振り付け、簾の奥の雅楽などを楽しみました。そして何よりもあちこちで切られる見得への客席からの合いの手に、延亨2年(1745)と言われる初演以来、受け継がれてきた伝統というものを感じました。子役(市川染五郎の長男、松本金太郎)の「あい~」という台詞には会場から暖かいどよめきが伝わってきました。客席との一体感が歌舞伎の魅力の一つなのですね。TVに頻繁に登場する市川染五郎だけではなく、中村吉右衛門や片岡仁左衛門、中村歌六といった出演者たちへの予備知識や事前体験があればもっと楽しめるのでしょうね。

三つ目の『色彩間苅豆・かさね』は利根川沿い(我が家からも遠くない下総の木下)を舞台にした男女間のどろどろとした怨念と殺人劇を描きます。ここでも利根川流域の寂れた雰囲気を舞台美術が見事に醸し出します。市川染五郎と中村時蔵による艶麗な身のこなしがこの劇の怪奇性を一層増します。歌舞伎というのはあくまでも市井の、そして生身の人間たちを描くのですね。

三つの作品とも、この季節に実に相応しい作品でした。客席はほとんど常連で埋まっているような雰囲気で、幕間にはあちこちで弁当を広げる姿が見られました。私たちは2階の食堂で前もって予約した豪華な深川弁当とちらし弁当を美味しく戴きました。

なお、この場をお借りして、こうして思わぬ初体験の機会を提供してくれた友人のMさんに改めてお礼を申し上げます。

|

« 『ワルキューレ』@METライブビューイング | トップページ | 「脱原発依存」の表明 by菅首相 »

コメント

こんにちは。私も数年前に歌舞伎座を初めて訪れました。玉三郎、仁左衛門、吉右衛門、菊五郎と言ったそうそうたる出演者に圧倒されたのを思い出します。生音の響きも素晴らしく、建て替え時にそれが悪い方向にならないよう、祈っています。大賀ホールやベルリンフィルハーモニーのような、5角形なら安心かもしれませんが、、、、

投稿: ご~けん | 2011年6月26日 (日) 16時19分

ご~けんさん、
歌舞伎座は工事の真っ最中でした。正面は現在の形がほぼ復元されるようですが、後方に29階建ての高層ビルが建つようですね。何だかミスマッチのような気がしますが・・・。

投稿: YASU47 | 2011年6月27日 (月) 00時33分

歌舞伎は見ませんが本当に寂しい限りですね。
松竹もテナント収入を稼ぎたいのでしょうが、‐実際松竹は今や不動産会社とも言ってもいい‐この不況でどれだけテナントが入るというんでしょうか?
あの大戦で破壊されたウイーンやドレスデンやミュンヘンのオペラハウスがあのように(ドレスデンに至ってはおよそ40年もの歳月をかけて)見事なまでに復元したというのに恥ずかしいと言ってもいい。

投稿: ジャンボ | 2011年7月 7日 (木) 22時09分

ジャンボさん、
松竹も「シネマ歌舞伎」など、METライブビューイング顔負けのエンターテイメント手法で歌舞伎ファンの底上げと拡大を試みています。古典芸能のビジネス化のみならず会社そのものの生き残り展開に必死なのでしょう。

投稿: YASU47 | 2011年7月10日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/52042879

この記事へのトラックバック一覧です: 『六月大歌舞伎』 @新橋演舞場:

« 『ワルキューレ』@METライブビューイング | トップページ | 「脱原発依存」の表明 by菅首相 »