« プーシキン美術館 @MOSCOW | トップページ | 『ワルキューレ』@METライブビューイング »

2011年6月14日 (火)

「レ・ミゼラブル(レミズ)」25周年記念コンサート

110615 実は、私は「隠れ」ミュージカルファンです。最近は舞台を観る機会もめっきり減って忘れかけていた頃に、NHK BSのトニー賞記念番組の一つとして昨年103日にロンドンで行われた主題コンサートの模様が放映されたのです。いやぁ、レミズに思い入れのある愛好者にとってはまさに垂涎ものでした。

1990年代の後半に度々ロンドンを訪れる機会があり、その度ごとに通ったのがウェストエンドの劇場街でした。その中でもとりわけロングランを続けていた「レミズ」のPalace劇場、「オペラ座の怪人」のHer Majesty’s劇場、「ミス・サイゴン」のDrury Lane劇場、「サンセット大通り」のAdelphi劇場には何度も足を運んだものでした。ロンドン発のミュージカルは豪華絢爛なダンスを中心としたブロードウェイ発に比べると、ドラマティックな物語内容と美しいメロディラインによって深い感動を与える点に特徴があります。シェークスピアを生んだ演劇の国ならではの作品群が多く、ひとつの作品へのリピーターが多いのも特徴でしょう。キャメロン・マッキントッシュというプロデューサー(レミズ、オペラ座の怪人など)、アンドリュー・ロイド・ウェバーという作曲家(キャッツ、オペラ座の怪人など)の存在も忘れてはなりません

それらの中でもとりわけレミズは日本を含む各国でのカンパニー公演を含めて、恐らく世界中で最も愛されているミュージカル作品ではないでしょうか?ビクトル・ユーゴーの原作に基づく波乱の物語がスピーディに展開し、シンフォニックあるいは心に染み入る楽曲群はいつまでも耳に残ります。演出は舞台の隅々での細かい動きに至るまで計算され尽くしており、見るたびに新しい発見があります。ここぞと思った時に鳴ってくれる音楽と心の琴線に触れる美しいメロディは何度聴いても新鮮で思わず涙腺が緩みます。

昔、パソコン通信時代にNiftyServeのミュージカルフォーラムでミュージカルナンバーの人気投票というのがありました。記憶では、その時の1位がミス・サイゴンからの「私の命をあげよう」で、第23位がレミズの「I Dreamed a Dream(夢破れて)」と「On My Own」であったように記憶しています(女性ファンが多かったのですね)。一昨年、スーザン・ボイルがイギリスのオーディション番組でセンセーショナルな話題をさらいましたが、その時の曲も「I Dreamed a Dream」でしたね。これら3曲はともにクロード・ミッシェル・シェーンベルグの作曲になるものです。彼は無調音楽のアーノルド・シェーンベルグの又甥になるとのことですが音楽内容は全く異なりますね。

ちょっとマニアックな話に入りますが、この25周年コンサートでファンティーヌ役を務めていたのがレア・サロンガで、10周年記念コンサートではエポニーヌを歌っていました。もともとマニラでのオーディションでキャメロン・マッキントッシュに見出され、ミス・サイゴンの主役に抜擢された新人歌手で、私も彼女の歌うエポニーヌには何回か感動を覚えたことがあります。エポニーヌ役が年齢を重ねるとファンティーヌ役を演じるようになるのは25年もロングランを続けるレミズならのことでしょう。

このミュージカルに触発されて、ユーゴーの原作(岩波文庫全4冊)を読んだのはそれほど昔ではありません。小さい頃に誰もが読んだダイジェスト版とは全く異なる世界がそこにはありました。ここで豆情報を一つ。原作ではガブローシュはテナルディエの息子(すなわちエポの弟)です。ミュージカル版ではそんな様子は全くないですね。

尚、この25周年を契機にレミズは新演出に移行するとのことです。すでにヨーロッパでは新演出によるツアーが始まっているようです。日本でも今月中に現演出での公演が終了するそうですね。映像を駆使し、よりリアルな舞台となるらしい新演出を早く見てみたいものです。

と、レミズについて語り始めたらキリがありません。ちなみに私にとってのミュージカル・ベスト3といえば、「サンセット大通り」、「レミズ」、「レント」なのです。その「レント」の舞台版を今夜、NHKで放映中です。録画版を後でゆっくりと楽しむことにします。

110615_2

|

« プーシキン美術館 @MOSCOW | トップページ | 『ワルキューレ』@METライブビューイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/51945910

この記事へのトラックバック一覧です: 「レ・ミゼラブル(レミズ)」25周年記念コンサート:

« プーシキン美術館 @MOSCOW | トップページ | 『ワルキューレ』@METライブビューイング »