« 米軍横田基地の今 | トップページ | 暗闇から憂う »

2011年3月15日 (火)

モスクワから憂う

被災地の惨状に後ろ髪をひかれながら日曜日に仕事でモスクワに移動しました。インターネットやCNNを通じてリアルタイムに入ってくるその後のニュースには心が痛むばかりです。加えて福島原発の深刻な現状に心配が募ります。ロシア人からは犠牲者へのお悔やみの言葉をもらう一方で「何故、津波の被害がここまで大きくなったのか?」という疑問が呈されています。津波の予想を超える高さとスピードに加え、昨今、度々発せられる警報や避難勧告への「慣れ」と「軽視」が被害を大きくしてしまったのだろうと答えています。

原発についてはチェルノブイリの経験を持つ彼らにとっても大きな関心事です。チェルノブイリでは当局によって情報が意図的に隠されたことが住民被害を大きくしたとのことです。旧ソ連と比較することは無意味としても、正確な情報の公開と早目の対策こそが無用な不信感を冗長させないための最良の手段です。原発周辺の測定値の単位がマイクロからミリになり、関東地方では自然界値と比較した放射線濃度が上昇しているとのニュースに事態の深刻さが伺えます。

こちらに来てから数時間毎に体感していた余震と無縁になり妙な感覚を味わっています。日本列島という地盤の脆弱さは際立っていることを改めて実感しています。

モスクワの街は3年前の前回訪問時からいっそうの変貌を遂げていました。ビジネス地区には高層ビルが立ち並び、空港から中心街に至る大通りの両側にはIKEYAをはじめとする新設された巨大ショッピングモールが立ち並び、中心街はネオンとライトアップの光に溢れています。灯りの消える昼間にようやく街並みはかっての面影や趣きを取り戻すようです。

東京でも輪番停電に併せて、まずは街からネオンを消しましょう。

110314moscow_2   

|

« 米軍横田基地の今 | トップページ | 暗闇から憂う »

コメント

モスクワ…ますます現況ひどいです。ところで見たいツイートがあったのでツイッターに再登録しました。yasuさんや関心がある人のツイートに行きつく方法が分からず困っています。教えていただければありがたいです。・・・遠いか・・・

投稿: carry | 2011年3月15日 (火) 16時52分

あざらしさん、モスクワからのレポート、ありがとうございます。昔は夜は暗かったですが、今や日本より明るいのかもしれませんね。

こちらはやはり原発の状態が心配です。1号炉から4号炉まで次々にトラブルが起こっています。東電は非常時を想定した訓練を十分していたのかな?という疑問があります。命に関わる設備なのに。

しばらく日本を脱出するか、安全のためにあまり外出したくない気持ちなんですが、会社を休むわけにもいきません。通勤のJRも今日の帰宅から最寄り駅まで運行したものの、いつもの30%なので殺人的な混雑でした。
まずはネオンを消して節電、って大賛成!です。

投稿: LENI | 2011年3月15日 (火) 20時24分

今回の津波は時間が無いうえにでかすぎました。
あの規模の揺れだと三陸の人はとりあえず逃げると思いますが、三階建てのビルを越えるとは想像できないでしょう。最初の警報の予想高さが低かったのも油断を招いたかもしれません。うちの親戚も逃げた先の高台のすぐ下まで水が来たと言ってたそうです。

投稿: イワン | 2011年3月15日 (火) 21時15分

carryさん、
ますます明らかになる惨状と原発汚染の影響を考えると慄然とします。
twitterはYASU47で検索してもらえればヒットする筈でも。でも、最近はほとんど書き込んでいません。タイムラインがすぐに一杯になってフォローしきれないのです。

投稿: YASU47 | 2011年3月15日 (火) 22時25分

LENIさん、
そうモスクワの夜景の輝きは昔からは想像も出来ません。でも、歓楽街さながらに派手で毒々しいネオンが並んでいる光景を好きになることはできません。
原発汚染を考えると若干ためらわれますが、金曜日には帰国の予定です。一般市民に逃げ場所はないようですね。

投稿: YASU47 | 2011年3月15日 (火) 22時33分

そうか、イワンはあっちの方でしたね。油断と軽視が最大の原因だと思います。でも、教訓にしてはあまりにも大きな犠牲を払ってしまいました。時計の針を戻せればと思わずにはいられません。

投稿: YASU47 | 2011年3月15日 (火) 22時39分

本当なら明日(16日)から訪ロするはずだったんですが、家族のことも考えて今日(15日)に航空券をキャンセルしました。そしたら、さきほど震度3〜4の地震がありまして(汗)。

地震もそうですが、計画停電に基づく生活の不便さ、そして原発事故のことが気になります。私自身はこういった災害の経験がないので、落ち着いて行動しようと思います。

投稿: papatanaka | 2011年3月15日 (火) 23時01分

papatanakaさん、
家族の問題がなければ地震も放射能もないモスクワの方が遥かに安全ですね。
計画停電と交通規制の不便さとモスクワの慢性的大渋滞を比較すると、さて、どちらが不便だろう?
今度は静岡県で震度6強とか(昔なら数日かかる日本のニュースが今はリアルタイムだ)。今度はいよいよ東海地震か?(と、不安を煽るのは止めよう)

投稿: YASU47 | 2011年3月15日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/51126520

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワから憂う:

« 米軍横田基地の今 | トップページ | 暗闇から憂う »