« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月26日 (土)

暗闇から憂う

110325_2 大地震と津波から2週間が過ぎました。被害と犠牲者の全貌はまだ掴めないとのことです。映像を通じて被災された方々の置かれた状況と心情を思うと心が痛むばかりです。

昨夜は計画停電が実施されました(第二グループ)。晩の6時過ぎからの開始ということで早目の夕食を採った後はラジオとMobile PCで暗闇に備えました。被災地や避難所でのご苦労に比べたら、こんなものは不便のうちに入りません。

揺れる蝋燭の炎を見つめながら、改めて原発の恐ろしさに思いは至ります。過去数十年、多くの警鐘にも拘わらず原発は建設され続け、今はもはや後戻りの出来ない地点まで来てしまいました。そして今、責任問題はさておくとして、私たちに出来ることは福島原発の敷地内で行われている壮絶な戦いを祈るように見つめることだけです。昨日は3号機タービン建屋で3名の作業員被爆者が出てしまいした。今後の気の遠くなるような作業工程を考えると更に消防、警察、自衛隊を含めた作業員たちに犠牲が出ることは避けられないでしょう。大規模溶融あるいは水蒸気爆発が一つの号機で生じることによる敷地内作業員全員の避難は第二原発を含めた全機の破壊に繋がります。その場合の放射性物質の飛散と拡散被害がどこまで広がるのかは想像出来ませんし、したくもないというのが本音です。

TVに登場する御用学者たちは口を開けば「まだ安全だ」を繰り返していますが、却って視聴者に疑念と不信感を与えているように思います。まだ安全だと「思いたい」私たちの心理が辛うじて平衡を保っているという気がします。

以下は、これまで反原発の立場から発言を繰り返してきた学者や評論家の見解です。

(1)神戸大学石橋教授の20052月、衆院予算委員会公聴会での発言

6年前ですが。近々発生が予測されている東海地震と大津波による静岡県の浜岡原発破壊のシナリオと警鐘です(とても分かり易い)。先に発生してしまったのが福島でしたが本質は同じです。前々から危険が叫ばれている浜岡原発は即時全機停止(3号機は定期点検中ですが4月に再開予定)とすべきではないでしょうか。

(2)広瀬隆氏、317日のCS「朝日ニュースター」でのインタビュー映像(3回)

1970年代の「東京に原発を」の著者、広瀬隆氏のインタビューは御用学者たちの見解をバッサリと切りながら最悪シナリオを述べています。これを聞くのにはかなりの覚悟を必要とします。ただ、個人的には、福島の原発を直ちにコンクリートで固めろという意見には賛成しかねます。発生する崩壊熱を処理出来なくなるからです。1957年に発生し、旧ソ連が隠し続けたチェリャビンスクでの埋設あるいは貯蔵核廃棄物の爆発事故(今は「ウラルの核惨事」として知られている)の二の舞を恐れます。

これらの発言の紹介は決して恐怖心を煽ることが真意ではありません。近未来への警鐘に加えて、私たちには事実を知る権利があることと、政府とマスコミにはその事実を報道してもらいたいのです。

その政府発表と報道に関して、とても不可解なことが一つあります。福島原発3号機にはMOX燃料が使用されているという事実がなぜ語られないのでしょうか(3月25日現在)MOX燃料とは再処理工場で得られたプルトニウムをウランに混合した燃料で所謂プルサーマル発電の一環をなすものです(国内では玄海、伊方、高浜、福島の4箇所)。3号機には燃料棒総数548本中、32本のMOX燃料棒が装填されているとのことです。プルトニウムは毒性が強く、中性子の発生量が多いことから、飛散事故の際には通常のウラン燃料と比べて遥かに大きな被害が予測されます。プルトニウムはどうせ燃焼後に数パーセント生成されるのだから同じじゃないかという意見もあるでしょうが、最初から発生エネルギーの最大化を狙って装填されているのとは大違いです。きっちりとした説明がないと、アメリカが避難地域を80Kmにしているのは、このプルサーマルが理由ではないかとさえ疑ってしまいます。

こうして今日も、一方で様々の悲観的観測に捉われながらも、放射線に身を晒しながら昼夜をわけずに困難な作業を続ける現地の皆さんの勇気と献身に感動しながら、祈るような気持ちで各号機の進捗に希望を繋いでいるのです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

モスクワから憂う

被災地の惨状に後ろ髪をひかれながら日曜日に仕事でモスクワに移動しました。インターネットやCNNを通じてリアルタイムに入ってくるその後のニュースには心が痛むばかりです。加えて福島原発の深刻な現状に心配が募ります。ロシア人からは犠牲者へのお悔やみの言葉をもらう一方で「何故、津波の被害がここまで大きくなったのか?」という疑問が呈されています。津波の予想を超える高さとスピードに加え、昨今、度々発せられる警報や避難勧告への「慣れ」と「軽視」が被害を大きくしてしまったのだろうと答えています。

原発についてはチェルノブイリの経験を持つ彼らにとっても大きな関心事です。チェルノブイリでは当局によって情報が意図的に隠されたことが住民被害を大きくしたとのことです。旧ソ連と比較することは無意味としても、正確な情報の公開と早目の対策こそが無用な不信感を冗長させないための最良の手段です。原発周辺の測定値の単位がマイクロからミリになり、関東地方では自然界値と比較した放射線濃度が上昇しているとのニュースに事態の深刻さが伺えます。

こちらに来てから数時間毎に体感していた余震と無縁になり妙な感覚を味わっています。日本列島という地盤の脆弱さは際立っていることを改めて実感しています。

モスクワの街は3年前の前回訪問時からいっそうの変貌を遂げていました。ビジネス地区には高層ビルが立ち並び、空港から中心街に至る大通りの両側にはIKEYAをはじめとする新設された巨大ショッピングモールが立ち並び、中心街はネオンとライトアップの光に溢れています。灯りの消える昼間にようやく街並みはかっての面影や趣きを取り戻すようです。

東京でも輪番停電に併せて、まずは街からネオンを消しましょう。

110314moscow_2   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

米軍横田基地の今

八千代市9条の会のメンバーたちと米軍横田基地の見学に行ってきました。地元で基地撤去を求めている市民運動グループの案内で基地をぐるりと一周しましたが、フェンス越しに眺める広大な基地内はほとんどひそまりかえっていて、むしろ得体の知れぬ不気味さを感じました。聞くところによると2002年までの騒音訴訟と空母艦載機訓練の洋上への移転により、今では一日約10機が離着陸している程度とのことです。騒音被害が一応収まったことにより、今は表向きの平和が保たれているようです。

横田基地は地元で見慣れた習志野自衛隊基地とは、同じ市街地域にありながらも雰囲気はずいぶんと異なります。4000人以上の米軍、軍族とその家族が滞在するだけに、ゲート前の通りには横文字看板の商店やレストランが並んでいます。アメリカの空気、それも米軍という暴力的な存在の匂いを強く感じます。また、広大な敷地を占有していることを目のあたりにすると、日本が未だ実質的には非占領国の立場から脱していないことを強く感じます。これが沖縄に行ったらさぞかし凄まじいことだろうと想像出来ます。

さて、今、私たちが特に懸念していることは、近日中に府中より航空自衛隊航空総隊司令部がこの横田に移転し、米空軍との統合運営が開始されようとしていることです。在日米軍司令部と繋がった地上3階、地下2階の自衛隊司令部の建物も完成に近づいています。安保条約を拡大解釈し、憲法第9条をなし崩し的に形骸化させてきた在日米軍の海外活動とそれに組み込まれる形での自衛隊の軍事力増強が一つの完成形として統合されようとしています。表向きの静けさとは裏腹に進行している事態は極めて危険なものといえるでしょう。地元の福生市長も、事前協議もないまま横田に自衛隊基地が「新設」されることに「これ以上の基地機能の強化は容認できない」と防衛省に抗議を申し入れています(本年17日)。

私たちの力は小さく、出来ることも限られていますが、これからも地元では習志野基地のパトリオットミサイル問題新弾薬庫問題に関わりを続けると同時に、全ての在日米軍基地の撤去を求め続けていきたいと思います。

110306

鉄条網の向こうは占領地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

Jリーグの開幕

110307 週末に今シーズンのJリーグが開幕しました。サッカーファンにとっては楽しみな毎週末がやってきます。下馬評での優勝候補はもっぱら昨年からの連覇を狙う名古屋グランパスとACLを同時に戦える陣容にすべく補強を施した鹿島アントラーズの両チームです。豊富な攻撃タレントを揃えるG大阪、C大阪、再起にかける浦和レッズの力もあなどれません。アントラーズファンとしては、鳴り物入りで獲得したFWカルロンが仙台に移籍したマルキーニョスの抜けた穴を埋められるか、即戦力として移籍してきたMF本田拓、DF西、DFアレックスらによるチーム内ポジション争いの激化、山形から復帰しFW田代、MF増田の活躍、そして高卒ルーキーのMF柴崎、MF梅鉢、DF昌子らの成長と多くの楽しみがあります。

そのアントラーズの大宮アルティージャとの開幕戦は3-3のドローに終わりました(録画観戦)。前半のちぐはぐな攻撃と連携の悪さは後半にはかなり持ち直したとはいえ思わぬ乱打戦になってしまい、ロスタイムにようやく相手オウンゴールで同点に持ち込むのが精一杯でした。得点をしたのが伊野波、岩政の両DFFW陣は相変わらず決定機を逃し続けていました。交代をもう少し早くしていればという不満は残りますが、まだ初戦ゆえ下を向く必要はないでしょう。小笠原、野沢ら昨年からの主軸とカルロンを始めとする移籍加入選手たちの連携等が機能し始めるまでには多少時間もかかるでしょう。

また、先週のACL初戦ではアウェイの上海申花戦でラフプレーに苦しめられながら0-0のドローに終わりました。怪我人が出なかっただけでも幸いだったと思うことにしましょう。リーグ戦、ACL共にこれからのチーム力上昇に期待です。開幕戦ではC大阪と浦和が初戦敗北、名古屋は引き分け発進という波乱含みのスタートです。リーグ戦はこれからますます熱くなっていくでしょう。今シーズンもスタジアムで早く生の雰囲気と興奮を味わいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »