« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

浅田次郎『一刀斎夢禄』

110226 浅田次郎の新作は新撰組の三番隊組長を務めた実在の人物、斎藤一を主人公とした物語です。大政奉還によって京を追われた後は新撰組の生き残りと共に鳥羽伏見、甲州勝沼、会津と転戦し、維新後はしばらくの謹慎期間を経た後に警察官となります。やがて警視庁抜刀隊の一員として西南戦争に加わり、明治を生き抜くという数奇な運命を辿ります。まず、斎藤一を逆読みして題名の「一刀斎」としているところに作者の遊び心を感じます。

この作者による「斎藤一」像というのはすでに「壬生義士伝」で隊内一の偏屈者にして沖田総司や長倉新八に並ぶ剣の達人として描かれており、その性格付けは本作品でもそのまま踏襲されています。彼の新鮮組内での役割は主に暗殺や策謀面で、実際に多くの隊士の粛清や伊東甲子太郎一派を襲撃した油小路事件での暗躍等が言われています。本作では更に近江屋事件(竜馬暗殺)への関与も描かれていますが、勿論真偽の程は不明です(とりあえず、小説内の出来事としておきましょう)。

興味深かったのは、京落ち以降の連戦連敗の中で行動を共にする隊士たちの生き様です。近藤や土方、沖田といった有名人たちは別としても、登場人物たちを実名で登場させ、しかも実際の運命と重ね合わせています。ウィキペディア上の隊士録と重ねあわせてみるととても興味深いものがあります。陰にせよ、日向にせよ、明治以降も生き残った隊士というはかなり多かったのですね。

物語は大正時代に入ってからの斎藤一の独白として進行していきます。淡々と進むため、このままオチのない物語として終わるのかなという懸念もありましたが読み進めていくうちに、敗北の繰返しと見込みのない転戦に翻弄されてゆく隊士たちの生き様と主人公の揺るぎのない偏屈ぶりに引きこまれていくのでした。殆んど一気読みでした。しかし、最後の西南戦争の場面は意外性がなく、はやりオチ不足の感は免れない印象でした。

さて、私にとっての斎藤一というのはかつて(1965年)の人気TV番組「新撰組血風録」のイメージがいまだに刷り込まれたままになっています(今でもたまにCSで再放送されています)。そこで描かれていた斎藤一というのは浅田次郎の描く人物像とは全く対極的で、瓢々とした風貌のとても人情味に溢れ剣客でした。原作は司馬遼太郎でしたがドラマ向けに大きく改編されており、更に俳優、左右田一平の醸し出す雰囲気によるところが大きかったと思われます(下の写真)。栗塚旭の土方歳三、島田順司の沖田総司と共にはまり役として大いに人気がありました。数十年を経た今でも新撰組というと彼らの作り上げたイメージが先行してしまうのです。古いなぁ・・・。

110220_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

映画『ソーシャル・ネットワーク』とフェイスブック

110207facebook 『ソーシャル・ネットワーク』は評判に違わず、とても面白い映画でした。現在、登録者数が世界で5億人を突破したという代表的なSNS(Social Network Service)”facebook”を創設したマーク・ザッカーバーグを主人公として、彼を取り巻く人間模様、開発やその後の訴訟に至る経緯を採り上げています。

ザッカーバーグを天才として単に持ち上げるのではなく、その性格の欠陥や弱さなどを人間として当たり前のこととして自然に描いています。伝記映画というよりは、むしろ、若者特有の野心や敵意、友情などを描いた青春譜としての色彩を強く感じました。ハーバード大学における“クラブ”の存在、そこに入会を許される一部エリートと一般苦学生たちとの軋轢なども興味深いものでした。

映画を理解するにあたってSNSに関する知識や体験があれば更に楽しむことが出来るでしょう。私がfacebookに登録したのは昨年の夏頃のことでした。速度的なレスポンスが悪いことも含めていま一つ利用価値が掴めないでいたのですが、ようやく「友人」達も徐々に「発見」しあって全く異なるジャンルの繋がりが20名になろうとしています。ただ、ネットワークが構成されただけで満足してしまい、それ以降の「利用」についてはまだまだ手探り状態というところです。

振り返ってみれば、1980年代のパソコン通信に始まり、1990年にホームページの立ち上げ(今は放置状態)、2006年に本ブログの立ち上げ、数年前にmixiに登録、昨年1月にtwitterの開始、そして夏にfacebook登録、更には先日、CIS版のSNS”odnoklassniki”にまで登録をしてしまう無節操ぶりを発揮しています。要は単に「新しいものが目の前にあると触ってみたくなる症候群」のようで、結局はtwitterもTVで中継しない日のアントラーズの試合をタイムライン上で一喜一憂するだけの道具となり果ててしまいました。

まぁ、あちこちに登録だけをしておけば、いざチュニジア、いざエジプトの際の初動体制は早いかな?。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »