« ホキ美術館・写実絵画の殿堂 | トップページ | 映画『ソーシャル・ネットワーク』とフェイスブック »

2011年1月30日 (日)

AFCアジア杯優勝!

110130 AFCアジア杯の熱戦から一夜明けてTVは優勝を喜ぶ人々の声で溢れています。あれ?日本人てこんなにもサッカーが好きだったっけ?振り返ってみれば2002年の日韓W杯を契機にサッカーそのものというよりは日本代表への思いれが熱くなってきたように感じます。

さて、昨夜の決勝戦はそれまでのカタール戦や韓国戦といった厳しい戦いにもまして汗を握るものでした。大柄なオーストラリア選手の迫力ある攻撃に、ひたすらクリアで耐える重苦しさの果てにFW李忠成の歓喜のゴールが待っていました。彼の弓矢のパフォーマンスはサンフレッチェ広島でお馴染みです。MF柏木がピッチに立っていたら一緒にポーズを取れたかもしれないのに・・・。

今回の優勝という結果は一人のサッカーファンとして勿論嬉しいことですが、それ以上に将来に向けて多くのことを獲得出来たように思います。まず第一に、ザッケローニ監督が半年前の就任以来口に出し続けている「チームの成長」を実感出来たこと。そのことによって監督、選手、スタッフ、サポーター間の一層の信頼関係が築けたように思います。第二は勝者のメンタリティの獲得。単に各試合での逆転勝利への原動力となるだけではなく、Jリーグで鹿島やG大阪が強いのは、揺るぎのないチームの戦略と戦術が勝つことへの確信と結び付いているからです。

そして第三が2013年のブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーション杯への出場権獲得です。各大陸杯の勝者が集まるこの大会は翌年のW杯へのまたとない準備・強化試合となるでしょう。

アントラーズファンの一人として嬉しかったことは、今回の大会でDF岩政、DF伊野波、MF本田(拓)の3人が出場し、それぞれに活躍し、また課題も見つけたことです。このことは今シーズンこそACLのタイトルを狙うチームにとってまたとない経験値の積み上げとなりました。FWカルロン、SB西、MF本田(拓)、SBアレックスの新加入、FW田代、MF増田の復帰も含めてACLを戦える強力布陣となった今シーズンの開幕が楽しみです。内田篤人もドイツで頑張れ!

|

« ホキ美術館・写実絵画の殿堂 | トップページ | 映画『ソーシャル・ネットワーク』とフェイスブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/50728374

この記事へのトラックバック一覧です: AFCアジア杯優勝!:

« ホキ美術館・写実絵画の殿堂 | トップページ | 映画『ソーシャル・ネットワーク』とフェイスブック »