« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

吉田修一著『悪人』と映画『悪人』

100922_3 やはり、「観てから読む」よりも「読んでから観る」方が良いだろうと、吉田修一著の『悪人』(朝日新聞社)を文字通り一気読みしました。

福岡郊外で発生した一つの殺人事件を巡って関連する登場人物たちのそれぞれの立場での関わりが重層的に語られていきます。事件そのものは、しばしば発生する「出会い系」を契機とした「今どき」のものですが、単なる犯罪小説に留まることなく、現代社会の抱える病巣があちこちで描かれていきます。かといって、何らかの社会的メッセージを強く込めた重い作品という訳ではなく、むしろ登場人物たちの愛憎の相関関係や主人公二人の逃避行がスピーディに語られてゆく一級のエンターテイメント小説となっています。登場人物たちのモノローグも含めて描写や語り口は多面的ですが、「事件」という主軸がぶれることはなく、読んでいて集中力が途切れることは全くありません。主人公たちの悲劇をとりわけ感傷的に持ち上げるのではなく、また逆に彼らの社会的判断力の欠如を咎める訳でもなく、二人の切実さと必死さをひたすら描き続ける筆致にはとても好感が持てます。逃避行の果てのエピローグで、作者が二人のそれぞれの思いをとことんまでつきつめることをしなかったのは読者に想像の余韻を残したのかもしれません。

さて、一方の映画版『悪人』は、脚本が李相日監督と吉田修一氏の共作になるだけに原作の持つ空気がそのまま反映されています。つい先ごろ、モントリオール映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を獲得したことで話題になりましたが、むしろ従来のイメージを大きく変えた妻夫木聡の凄味ある役作りに感心しました。常におどおどし、人の目を見ながら話すことの出来ない、危うく、常に屈折した青年の役は原作での主人公描写に更に説得力を加える好演でした。

他にも柄本明、樹木希林といったベテランの演技派たちが脇を固めて作品全体の質感を高めています。

深津絵里に関しては、モントリオールの批評家たちとは異なり、すでに多くの作品を通じてその演技力を知るだけに、特に驚きを感じることはありませんでした。彼女が出演した多くの映画・TV作品の中では、『ハル(1996)』での透明な表情に魅せられて以来、『きらきらひかる』でのひたむきな新入り検死官役、『スペーストラベラーズ(2000)』でのちょっと抜けたコケティッシュな銀行員役、『ザ・マジックアワー(2008)』での大人のコメディアンヌぶりなどが特に印象に残ります。

今回の素朴で内向的なヒロインは深津の真骨頂ともいえる役だけに安心して観ることが出来る一方で特に新鮮味はありませんでした。次回は再び三谷幸喜監督作品での主演とか。『ザ・マジックアワー』以上の楽しい作品を期待です。

100922_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

住民投票で「事業仕分け」を!@八千代市

100912 八千代市で『新川周辺地区再生整備計画』の事業別賛否を問う住民投票を請求する署名活動が開始されました。この整備計画というのは、市の5ケ年計画で進められている総額71億円のプロジェクトで、中央図書館21億、市民ギャラリー(美術館)8億、総合グランド10億、農業ふれあいセンター5.6億などのハコモノ建設が含まれています。21億円は国からの「まちづくり交付金」をアテにしていますが残りの50億円は市財政からの支出が予定されています。一時的に経済効果を生むハコモノ建設が一概にムダとは云えないかもしれませんが、通常は20億円前後を必要とする「財政調整基金」が1.8億円しかないという財政枯渇状態にある今の八千代市にそんな余裕があるでしょうか?さらに毎年、億単位の運営費も発生します。もし数十億円の資金があるのなら、高齢者支援、保育・幼稚園の整備、小中学校の耐震補強などの優先分野があるのではと思います。

そこで、今回の住民請求(署名)の趣旨は、上に挙げた諸計画の事業別賛否を問う住民投票条例を制定してもらいたいというものです。有権者数の50分の1の有効署名(約3100筆)が集まると市議会にて条例制定の審議が行われることになるのです。

この活動は「計画」の全てに頭から反対するものではなく、上に挙げた4つのプロジェクトのそれぞれについて市民の意向を問おうとするものです。いわば、市民自身による事業仕分の実現を目指すものです。

本活動の提起者である「住民投票を実現する市民の会(代表者、上村淳三、ゆりのき台、047-480-1232)」は市政の現状を憂い、その透明化を目指す、純粋な市民の集まりで、勿論、参加者の支持政党を問いません。現に立場や支持政党の違いを越えて受任者(代表者から委任された署名収集者)が多く集まっています。

「署名の収集期間は本日(912日)から103日までの約3週間を予定しています。署名方法は受任者が個別に賛同者に自筆での署名と捺印(拇印での可)をお願いすることになります。私も受任者の一人として一冊の署名簿を保管することとなりました。八千代市の有権者で署名にご協力していただける方、更に詳しいことをお知りになりたい方はメール(本ページ左上のプロフィールより)にてご連絡を頂けると嬉しく思います。八千代市において、全国にも稀な(というより前例のない?)、住民自身による事業仕分を是非実現しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

三十の瞳?

100907

上の写真、教室で元気よく手を挙げている生徒たち・・・にしては歳が行き過ぎているような?

これは先日、44年振りに母校の教室に集った高校の同級生たちです。まるであの時代に戻ったような笑顔と無邪気さです。相模湾を見下ろす高台では穏やかな校風が育まれてきました(前記事はここ)。

最近は小、中、高と立て続けに同窓会が開催されています。そんな年齢と時代なのですね。昔の友人たちから元気を貰えるのはとても嬉しいことです。

 

☆☆

いつまでも続く猛暑にはかなり参っています。台風9号が近づいていますが、これを機に秋の気配がやって来ることを心待ちにしています。

☆☆

菅・小沢両氏による代表選は暑苦しさをいっそう増しているようです。早いとこ決着し、少しでも良い世の中になってもらいたいものです。暑さと政局にはウンザリなのです。

☆☆

地元の八千代市で「新川周辺地区再生設備計画」を巡る住民投票条例制定へ向けた署名活動が始まろうとしています。詳細は改めてアップの予定ですが、国庫からのまちづくり交付金21億円を目当てに50億円もの市税を投入するというハコモノ計画に民意を問おうというものです。大事なお金は保育、介護、高齢者支援、商店街活性化などもっと大事な使い道があると思います。この運動は市政の透明化と住民自身による仕分け実現に向けた第一歩となるでしょう。

☆☆

サッカー日本代表の新監督と新代表チームが話題になっていますが、興味はむしろ天皇杯とナビスコカップです。天皇杯では今年もソニー仙台によるJ1ベガルタの撃破という番狂わせが起こりました。プロ、アマチュアが同時に戦う天皇杯ならではの醍醐味ですね。最後はJ14連覇を含むアントラーズの3冠を応援です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »