« 『ブリューゲル版画展』 @東急Bunkamura | トップページ | 三十の瞳? »

2010年8月27日 (金)

浅田次郎・『終わらざる夏』

100827 丁度、65年前の夏、日本がポツダム宣言を受諾して無条件降伏を宣言した時にカムチャッカ半島から僅か13キロの距離にある最北端の占守島(シュムシュ島)と隣の幌筵島には満州から移動した無傷の機甲師団約23千名が滞陣しており(輸送手段がなくなりそのまま動けなくなっていた)、連合軍(米軍)による武装解除を待っていました。

ところが3日後の818日未明に突如にソ連軍が襲いかかってきて激しい戦闘状態に陥り、日本軍に約600名、ソ連軍に約3,000名の死傷者が出たのです。スターリンの目的は犠牲の発生による千島列島の奪取でした。そもそも無謀な攻撃であり、ソ連側に多数の死傷者が出ています。但し、生き残った日本軍の兵士たちにはシベリア抑留という更に過酷な運命が待ち構えていました。

この物語は、その占守島の戦いに直接的あるいは間接的に関わっていくことになる普通の将校、兵士、軍属やその家族たちを描きます。戦争も末期となり「根こそぎ動員」によって年配者や傷病者、不適格者たちまでが一片の徴兵通知によって戦地に送られていく姿が普通の人々の目線で語られていきます。

900ページに及ぶ大作ですが、占守島における戦闘場面は僅か10数ページに留まります。読売新聞へのインタビューで浅田次郎氏は「

僕は占守島の戦いを素材に、その時代、社会の背景とそれに翻弄される一人一人の思いを書きたかった。そのことが戦争を理解することになる」との趣旨を述べています。

暗い時代と愚かな戦争を背景としていますが、いかにもこの作者らしく、登場人物たちに未来を託す明るさと逞しさを持たせていることも忘れてはなりません。信州の疎開先から脱走する二人の子供、占守島の缶詰工場で働く挺身隊として動員された女学生たち、彼らを陰に日向に助ける大人たちなどのエピソードは国家が狂気の時代にあっても人間としての当たり前の感性を持ち続けている普通の市民たちの姿を描きます。彼らの存在があったからこそ、戦争によって国家は破綻しても社会は生き残ったのでしょう。

尚、占守島の戦いそのものについて大野芳著「817日、ソ連軍上陸す・占守島攻防記」(新潮文庫)を続けて読んでいます。ソ連軍侵攻部隊と戦い、その後シベリアに抑留された将兵たちからの聞きとり調査を基にしたドキュメントです。

100827_2

|

« 『ブリューゲル版画展』 @東急Bunkamura | トップページ | 三十の瞳? »

コメント

余り読書をしない私が良い本を手にしました。終わらざる夏。現在 カタールの建設現場に長期出張中ですが、帰国休暇の時に書店で見つけ買って帰り、いっきに読んでしまいました。終戦間じか、本土決戦、一億玉砕、その頃の日本人は、そう信じさせられ、敗戦など考えない、ある狂気にさせられていた、と思ってましたが、多くの人が平和を願っていた。皆戦争で死にたくないのです。この本の中には、戦争のプロや内地で仕事していたサラリーマン、色々な登場人物が出てきますが、永遠の生といいますか、生きるにしろ死ぬにしろ、与えられた人生を正しく強く生きた、生きようとした、人間の心・愛、それを伝えてくれたと感じました。今でも紛争が絶えませんが、民族間の確執でも、戦争は愚かなことです。この馬鹿げたシュムシュ島の戦いで亡くなられた、日露の兵士、その後の長い抑留生活で耐えられなく、帰還できなかった方々のご冥福を祈りたいと思います。(三浦進)

投稿: 三浦 進 | 2010年9月29日 (水) 15時34分

三浦どの、
長期出張お疲れ様です。長くなりましたね。年内には完全帰国出来るのでしょうか?
「終わらざる夏」は一般の兵士や市民にとって戦争とは何かということを、多層的な視点から語りかけてくれる作品ですね。
領土の奪取や防衛という国家目的のために結局悲劇を被るのは前線の兵士や残された家族であり、今の尖閣諸島をめぐる中国との確執においても、双方とも、一方的な解釈に基づいて後方からナショナリズムを煽ることの危険性を強く感じています。

投稿: YASU47 | 2010年9月29日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/49265961

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎・『終わらざる夏』:

« 『ブリューゲル版画展』 @東急Bunkamura | トップページ | 三十の瞳? »