« オルセー美術館展 @国立新美術館 | トップページ | この夏の読書 »

2010年7月12日 (月)

民主党惨敗 @参議院選挙

100711 昨日の参議院選挙は民主党の惨敗、自民党の回復、みんなの党の躍進、護憲勢力の退潮という結果に終わりました。しかし、どうも腑に落ちません・・・。結果については事実として受け止めるとしても、争点が一体何であったのか今だによく分からないのです。一体、何を巡って、私たちは一票を投じたのでしょうか?

審判を受けたのは消費税問題?鳩山・小沢両氏のカネの問題?普天間基地を巡る迷走?浮揚しない景気?進まない行政改革?昨年の総選挙マニュフェストからの後退?

しかし、例えば消費税や政治とカネの問題ならば何故、自民党が議席回復?普天間問題ならば何故、社民・共産が議席減?民主党への失望票がみんなの党へと流れたことは容易に想像がつきますが、そのみんなの党の実力も全く未知数です。結果として再び「政局」が政治を支配し(それを煽るマスコミの責任も大)、多くの人々がますます政治に嫌気をさしていくような気がします。

また、参議院が本来の意義、すなわち良識の府として内閣と衆議院への牽制機能を果たす役割を失い、衆議院と同様に党派対決の場と化してしまったことにより、いっそうその位置づけへの疑問も湧いてきます。参院は今や単なる政権への3年毎の中間評価と党派による「ねじれ利用」の場だけと化しているように思われます。

いずれにせよ、今回の選挙結果により最も恐れることは、民主・自民を中心とした増税翼賛国会の出現と、衆参の比例代表議員定数削減化による少数政党の切捨てです。小選挙区制の悪しき弊害がいっそう強調され、弱者と少数意見が切捨てられる世の中には絶対にしてはいけません。

|

« オルセー美術館展 @国立新美術館 | トップページ | この夏の読書 »

コメント

どの党も何を争点にすべきなのか分からなくなってしまっていて政治自体が迷走しているように思えます。社民共産も政権を担う力を持ってはいませんし、行き先がとっても不安です。

投稿: carry | 2010年7月13日 (火) 18時31分

carryさん、
もうここまで来ると、政党も国民も1億総迷走状態という感じですね。でも、こんな時こそカリスマや独裁の出現に注意しなくてはならないと思います。

投稿: YASU47 | 2010年7月13日 (火) 22時28分

非常に同感です
これが 独裁の下地にならないようにだけは 強く願います

あと マットですが matteという
英単語がありました
つやを押さえた感じ、光に反射しない質感
と言う意味です

語源はちょっと わからなかったです
機会を見て ちょこちょこ 語源を 気にしてみますね

暑いです!
心は熱く 体はひんやり いきたいですね―

投稿: lovebabo | 2010年8月 6日 (金) 15時27分

lovebaboさん、
参院選から1ケ月が経とうとしていますが、政治の世界は全てが内向きの政局に費やされているようです。これって、やはり国民のレベルに相応しい政府?

matte(mat, matt)という単語は初めて知りました。勉強になります。

投稿: YASU47 | 2010年8月 6日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/48862996

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党惨敗 @参議院選挙:

« オルセー美術館展 @国立新美術館 | トップページ | この夏の読書 »