« 初めての山陰旅行(1)・海岸編 | トップページ | 初めての山陰旅行(3)・大山と足立美術館 »

2010年4月28日 (水)

初めての山陰旅行(2)・温泉と宍道湖の夕陽

100428_3 山陰地方は温泉が豊富です。今回は鳥取市外れの吉岡温泉と松江市に近い玉造温泉に泊まってきました。吉岡温泉は通りに十数件の小さな旅館が並ぶだけの、歓楽街や賑やかさとは全く無縁の素朴な温泉町です。そのうちの一軒、地元のS君推薦の「湯菜花」はたった3部屋の小さな旅館ながら、約50度はあるという源泉(透明な単純泉)をそのままかけ流す贅沢を味わうことが出来ました(ちょっと熱かったけど)。加えて、「のどぐろ」、「もさ海老」といった地元素材を使った料理の美味しさ、女将の心温まるもてなしにも大満足でした。高校以来の仲間4人での雑魚寝はまるで修学旅行気分です。

玉造温泉では源泉を数キロ引いた先の宍道湖畔のホテルに宿泊です。料理の質と循環加熱湯であることは別として、部屋から眺める宍道湖の風景には満足でした。日没時は車で10分のほどの絶好のポイントで湖の向こう岸に沈む夕陽にしばし見とれます。ここは宍道湖に浮かぶ小島を前景とした人気の夕陽スポットで夕暮れ時には多くの市民や観光客が訪れます。そういえば、松江市内のあちこちで「今日の日没時刻」の案内板を見ました。ここは夕陽の町なのですね。

松江は今も千鳥城(堀尾吉晴築城)の天守閣が残り、宍道湖の水路網による豊かな水環境と併せて落ち着いた城下町です。その後の松平氏の治世下で茶文化が栄え、今でも市内のあちこちに残る優雅さと菓子の種類の豊富さに当時の名残が窺えます。雰囲気的には質実剛健の鳥取と雅(みやび)の松江という対比も面白いものでした。

100428

|

« 初めての山陰旅行(1)・海岸編 | トップページ | 初めての山陰旅行(3)・大山と足立美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/48204646

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての山陰旅行(2)・温泉と宍道湖の夕陽:

« 初めての山陰旅行(1)・海岸編 | トップページ | 初めての山陰旅行(3)・大山と足立美術館 »