« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

北方謙三・『楊家将』と『血涙』

90829_3 90829_4   図書館に頼んでいる「楊令伝第10巻」がなかなか回ってこないので、同じ北方謙三の『楊家将』とその続編の『血涙』(共にPHP文庫)を読みました。躍動感に溢れたスピーディな展開に一気読みです。

この作品には「楊家将演義」というれっきとした下敷きがあるのですね。三国志演義、水滸伝演義と同様に古くから伝わる中国の主要伝奇作品の一つとのことです。「演義」は宋建国の時代に実在し、活躍した楊業に始まる楊家5世代にわたる長大な物語のようですが、北方作品では父、楊業とその六男の楊延昭を中心とした2世代の物語です。しかも、水滸伝を徹底的に作り直しているのと同様に、この「楊家将」の物語も北方流の独自作品に仕上げています。特に、北方「水滸伝」で「宋」側の青蓮寺や禁軍の将軍たちを詳細に描いたと同様に、敵対国「遼」における登場人物たちを克明に描いています。楊家の登場人物たちの運命もドラスチックに変えられ、特に四男延朗の数奇な運命がドラマの中心となっています。

300年続いた宋王朝も13世紀の後半になると綻びが目立ち、やがて北方民族の「金」に滅ぼされます(1279年)。「宋」の末期、「水滸伝」で楊一族の末裔の楊志は軍を捨てて梁山泊の一党に加わります。二つの「演義」の結びつきは北方作品においては更に「吹毛剣」という宝刀を媒介することによって「楊家将」「血涙」「水滸伝」「楊令伝」という一群の作品の連続性を高めています。この雄大な構想力と一貫性にはただ感嘆するばかりです。

「楊家将」と「血涙」は暫しの間、この夏の蒸し暑さを忘れさせてくれた作品でした。それにしても、楊令伝の第10巻は未だですか(>図書館)? いよいよ「金」が「宋」の都、開封府を攻略するようですが、梁山泊の頭領であり、楊家の末裔でもある楊令とその仲間たちはこの歴史的事実の間でどのような存在感を発揮するのでしょうか?北方作品の構想力と想像力に興味は尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

『鹿島 vs FC東京』@カシマスタジアム

90823fc ナイターの涼を求めに鹿島スタジアムに出かけた筈が、逆に溢れる熱気にすっかり熱くなってきました。Jリーグ第23節の鹿島・FC東京戦(823日)は王者鹿島が3-1で圧倒です。両チーム共に猛暑と過密日程により動きがもう一つ精彩に欠けましたが、そこはやはり試合巧者のアントラーズでした。開始早々にダニーロが押し込み、21分にはマルキーニョスの技ありループシュートで早くも勝負ありです。中盤から後半にかけてはミスも目立ち、試合がダレかけましたが、大迫のダメ押し得点でホームの観客は大喜びです。FC東京は後半40分に辛うじてカボレが一矢を報いただけに終わりました。

FC東京は石川(直)の欠場もあり、チーム全体の動きに全くキレがありません。第3節、ホームでの山形戦の時とは大違いでした。羽生も不調で後半早々に交代し、代表メンバーの今野、長友も全く目立ちません。FW平山にいたってはボールを持つたびにミスを繰り返してアントラーズの勝利に貢献していました

一方、アントラーズは動きに鈍さはあったものの、それでも、FWによる前線からの献身的な守備、中盤4名の縦横無尽の位置交換、交代で両サイドが前線に上がるも安定した4バックなど、首位を独走するチームに相応しい連携プレーを行っていました。とりわけ、興梠の気迫溢れる全力疾走と小笠原の抜群の安定感と試合センスには何度も喝采です(早く代表に戻せ~)。今シーズンもこうして、アントラーズを応援してしまうのはやはり質の高いゲームを見せてくれるからなのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

映画・『3時10分、決断の時』

90817to_yuma 新聞や雑誌、ネット上で高い評価を受けていたので気になっていました。らしからぬ題名ですが、武闘派の西部劇そのものです。50年代に作られた映画のリメイク作品とのことですが原作は観ていません。西部劇に期待するのは現代作品にはなかなか見られない素朴な男気、風景が持つ抒情、土の匂いといったものなのですが、この作品はそれらの要素には満ちているものの、派手な銃撃戦による血生臭さも相当なものでした。

原題の「3:10 to Yuma」が示す通り、310分発のアリゾナ州ユマ行き列車に強盗団の首領ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)を乗せるべく、借金苦にあえぐ牧場主ダン(クリスチャン・ベイル)が護送チームに加わることで物語は始まります。ベンの仲間たちが奪還を計るなか、護送メンバーは次々と襲いかかる出来事に次第に減っていきます・・・。

芽生えた男どうしの共感があそこまでの結果となる?という筋書き上の大きな疑問が残ります(ネタバレになるので詳細は控えますが)。また、人物造形が単純で(特にギャングたち)、人の命も軽すぎます。それでも西部劇の様々の要素をテンテコ盛りにしながら現代風の早いテンポでぐいぐいと引っ張ってくれる一級の娯楽作品です。ロードムービーとサスペンスの要素もあります。主題は「男の友情」と謳われているようですが、むしろ「親子の愛情」かもしれません。

ラッセル・クロウの悪役ぶりがとても魅力的です。ピーター・フォンダが老いた用心棒役で奮闘していました。もう少し長生きさせてもらいたかったな。

監督は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でカントリー・シンガーのジョニー・キャッシュを描いたジェームス・マンゴールドです。どうりで、まるでキャッシュの歌のような骨太の作品に仕上がっています。

この作品の上映館はごく限られています。今は、西部劇というジャンルそのものに集客力がないのでしょうか?もっと全国に広がって公開されてもよい作品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

続・バンコックより

スクンビット通りには高層ビルの間を縫うようにBTSスカイトレインとかいう高架鉄道が走っていました。なかなか洒落た車体です。もう10年も前から運営されているのですね。空港への延伸ラインは試運転中とのことです。大通りには、いかにも住民といったいでたちの欧米人たちがやけに目立ちます。物価の安さに惹かれてそのまま住み着いたのだろうか?それにしても、この蒸し暑さはたまらない・・・。

90815bkk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコックより

手ぶれで見難いのですが、携帯で撮ったバンコックの夜景です(ひどい写真・・・)。

久々に訪れたバンコックは空港も新しくなり、人々の活気はそのままに、いっそうの近代的な大都市となっていました。スクンビットのオフィス街には高層ビルが立ち並んでいます。昨夕に到着し、明日は帰国のとんぼ返り訪問です。

90814bngkok_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

『ウェストサイド・ストーリー』@オーチャードホール

90804westside1_3 昨年、50周年を迎えたというブロードウェイ・ミュージカル『ウェストサイド・ストーリー』のワールドツアー日本公演が行われていましたので出掛けてきました(東京公演は89日まで)。

この作品そのものや含まれている名曲の数々はすでに映画でとても身近となっていますよね。僕らの世代にとっては何回見たのかが友人同士の間で自慢となるほど、この映画の登場は一つの事件であり、また心を揺さぶられた作品の一つでした。数々の名ダンス・シーンが目に焼きつき、とりわけジョージ・チャキリスやリタ・モレノの身のこなしには驚嘆し大いに憧れたものです。バーンスタインのシンフォニックでキレの良い音楽にも感動です。一方、何度も見るとヘンなことも発見してしまいます。ラストシーンでナタリー・ウッドのブレスレットがシーンが替わる毎に襟元から出たり入ったりしてしまうのです。これを知って以来、映画で泣くことは出来なくなりました(^^;)

10年ほど前、ロンドンでのリバイバル公演で初めて舞台に接しました。当たり前のことですが、映画と比べると遥かに臨場感と緊張感に溢れ、目の前で繰り広げられるシンフォニック・ダンスの迫力と舞台演出の面白さを大いに楽しむことが出来ました。今回の日本公演も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。ブロードウェイやウェストエンドの劇場と比べるとふた回りは広いオーチャード・ホールが迫力のあるダンス・シーンに揺れていました。

40年前の映画では度肝を抜かれたこの作品も、その後の諸作品(とりわけ、「キャッツ」、「レミゼラブル」、「オペラ座の怪人」といったウェストエンド作品の登場によってすっかり古典作品の一つとなりました。この夏、やはり来日公演が開始されようとしている「RENT」に比べるとさすがに色褪せてみえるかもしれませんが、それでもレナード・バーンスタインとジェローム・ロビンズ(振付け)によるこの作品の偉大さは永遠に不滅であり、これからも繰り返し上演が続けられていくことでしょう。若い世代にこそ舞台版をみてもらいたいものです。

90804westside2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

暑中無題

90801dq9 しばらく私事と暑さとDQ9(^^;)のせいでブログの更新をサボっていたら早くも8月に入ってしまいました。

いつの間にか夏休みに入った子供たちが外を駆け回り、衆院は解散していました。

いや、一応各党のマニフェストなるものには目を通したりはしているのですが、かつての選挙凌ぎの政権公約とどう異なるのか良く分かりません。その検証手法(4年前の自民党マニフェストの達成度総括はどこだ?)も含めて発展途上なのでしょう。政局ミーハーとしては自民党内の分裂騒ぎが表面上収まり、物足りなさを感じていたのですが、一昨日の静岡7区の某右派候補者ポスターへの眞鍋かをりさん本人未承諾写真流用の無節操ぶりには呆れました。当ブログがココログをベースとしているのは、自分がニフティサーブのPC通信出身であることに加えて、実は「眞鍋かをりのココだけの話」の影響です(^^;)。定例巡回コース上の「ココだけの話」729日記事を見て早速某候補者ブログへ飛んでみたらすでに炎上中でした。結局、仲介者とやらが謝り、ポスターは撤去されるとのことですが候補者本人からは言い訳のみで謝罪の言葉はありません。

DQ9はパラディンとなった主人公(Lv27)はどうにか7つの果実を神の国に届け、これからガナン帝国城に向かうところです。今度はキャラの設定自由度やすれ違い通信機能に重点が置かれていて、従来のシリーズとはちょっと趣きが異なります。

ところで、gooランキングに「仕事中使いたいと思ったドラクエ呪文ランキング」というものがありました。1位「ホイミ系」、2位「ルーラ」、3位「ラリホー系」、4位「ニフラム」、5位「バシルーラ」・・・・これって仕事と職場での人間関係に疲れているサラリーマン、OLの皆さんの悩みが良く反映されていますよね。さて、こんなに蒸し暑くてボーッとなっている日には自分に「ヒャド」でもかけて目を覚ますかな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »