« 『ラ・チェネレントラ』@METライブビューイング | トップページ | 『平山郁夫シルクロード美術館』@八ヶ岳高原 »

2009年6月 7日 (日)

祝!日本代表W杯予選突破!

90607w 良かったですね。2試合を残してアジア予選A組の2位以内確定が決まり、2010年南アでの本大会出場権を勝ち獲りました。前半9分の中村憲からの見事なスルーパスに岡崎が飛び込んで先制点を奪ったものの、その後の試合を支配したのはウズベク側でほとんど防戦一方となりました。審判の不可解な判定も多く、何度も繰り返されるゴール間近でのFKには冷や冷やとさせられましたが、GK楢崎と中沢、闘莉王の両CBを中心とした守備陣が最後まで集中を切らせませんでした。中盤と前線の選手たちも自陣ペナルティアリア近くまでよく戻っていたために、跳ね返したボールが再びウズベク側に収まってしまうのもやむを得ませんでした。それ故に、ボール支配率の割に決定的なピンチは少なかったように思われます。ウズベク側の雑な攻撃にも助けられました。

今回の審判については、いろいろな意見があるようですが、岡田監督と選手たちはアウェイ環境として乗り越えるべき条件のひとつとしてつとめて冷静な対応をしていました(岡田監督の退席は誤解が基となっていたようですね)。長谷部退場のシーンではむしろうまく時間を使っていたように思えました。判定を巡って熱くなっているのはいつもTV画面前を含めた外野席のようです。TV画面上では確かに日本側に厳しいようにも見えましたが、見直してみたところ、後半29分には軽度の接触にも拘わらず、ウズベク側のペナルティエリア手前で日本側にFKも与えています。

何はともあれ、アウェイ環境、グラウンド条件(芝が深く、日本が得意とするパスサッカーが封印)にも拘わらず、無失点で凌ぎきってW杯への切符を手にした選手たちのたくましさに敬意を表したいと思います。今後も熱い戦いを期待しています。Jリーグでの代表選手たちによるマッチプレーも楽しみです。

|

« 『ラ・チェネレントラ』@METライブビューイング | トップページ | 『平山郁夫シルクロード美術館』@八ヶ岳高原 »

コメント

ふふふ
私も 眠りそうになりながら見ていましたよ
(ワンセグ借りて)

最後まで ひやひやでしたね
いずれにしても
出場決定でワールドカップを楽しめるのがうれしいですね

投稿: lovebabo | 2009年6月 8日 (月) 20時55分

lovebaboさん、
ワンセグって、携帯画面でサッカーを?!ボールが見えないでしょう?
そう、これから1年間、Friendly Matchを含めて各国との国際試合をたっぷりと楽しめますね。

投稿: YASU47 | 2009年6月 8日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/45268058

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!日本代表W杯予選突破!:

« 『ラ・チェネレントラ』@METライブビューイング | トップページ | 『平山郁夫シルクロード美術館』@八ヶ岳高原 »