« 『夢遊病の娘』@METライブビューイング | トップページ | アルジェリア – 今を旅する、昔を旅する »

2009年4月19日 (日)

「スーザン・ボイル」@YouTubeと「エレイン・ペイジ」

すでに新聞(4/18日経夕刊)やネット上で話題になっているのでご存知の方も多いでしょうが、未聴の方はまず以下のYouTube映像を見てもらいましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

90419susan_2 これはイギリスの「Britains Got Talent」という素人オーディション番組に登場したスコットランド在住のスーザン・ボイルさんという「フツーの」オバさんです。47歳という年令に加え、外見とのギャップにより事前に審査員の揶揄と観客の冷笑を受けるのですがほんのワンフレーズの歌い出しだけで称賛へと一変してしまうのです。この数分間のドキュメントがYouTube上に掲載されてからのヒット回数は1週間で4300万回を超えていると言われています。彼女はすでにCNNにも登場し、CDデビューも予定されているとのことです。閉塞した社会におけるからこそのシンデレラのような奇跡がYouTubeというネット上の巨大な装置によってあっという間に世界中を駆け巡りました。

最初に審査員から「将来目標とする歌手は?」と訊かれたスーザンはすかさず「エレイン・ペイジ」と答えます(観客席からは失笑がもれます)。エレイン・ペイジといえば1980年代のロンドンウエストエンドにおいてサラ・ブライトマンと双壁をなすミュージカルスターでした。サラの特徴が声域の広さと声の美しさならば、エレインは歌の巧さの情感の表現で群を抜いていました。手元には以下の盤があります(自分も相当なエレイン・ファンだぞ(^^;)

<映像>

・「Cats」、1998年に舞台を映像化したもの。エレインは娼婦猫のグリザベラを演じ、名曲「Memory」を熱唱。

・「Andrew Lloyed Webber Celebrations」、エレイン、サラ、マイケル・ボールといったウェストエンドスターたちがロイヤル・アルバート・ホールに集合したコンサート

<CD>

・「Encole」、「夢破れて」を含むミュージカルナンバーを集めた名盤(下の写真)

・「Cats」、ロンドンオリジナルキャスト盤。エレインのグリザベラとオーディションに合格したばかりのサラのジェミマを聴くことが出来る。

・「The Collections」 

・「From a Distance

・「Romance and the Stage

・「Cinema

これらのCDはいずれもミュージカルや映画音楽からの抜粋が中心です。多くをロンドンのウェストエンド地区にある「Dress Circle」という知る人ぞ知る小さなショービズ専門店で購入しました(Websiteはここ)。ウェストエンドミュージカル観劇のついでに是非お立ち寄り下さい。

スーザンがオーディションで歌ったのは「レ・ミゼラブル」から「夢破れて(I Dreamed a Dream)」でした。もう20年近くも前のこと、PC通信のniftyserve内の「fmusical」というフォーラムでミュージカル曲の人気投票なるものがあり、1位が「命をあげよう(ミス・サイゴン)」、2位がこの「夢破れて(レミズ)」、3位は「オンマイオウン(レミズ)」であったと記憶しています。いずれも心に沁み入るようなウェストエンドミュージカルの名曲で、クロード・シェーンベルグ作曲による作品です。日本のミュージカルファンたちによっても支持されているこれらの曲は更にロイド・ウェバー作品も加えてイギリス人たちにとっては国民的誇りの対象でもあるのでしょう。スーザンが拍手喝采を浴びた理由のひとつには選曲もあったと思われます。

今回の出来事はひと時の話題に終わる可能性は大ですが、素晴らしい歌唱と感動的な瞬間を味わせてくれただけでも感謝です。

90419elainepaige

|

« 『夢遊病の娘』@METライブビューイング | トップページ | アルジェリア – 今を旅する、昔を旅する »

コメント

外国の歌を聞いて滅多に感動なんてした事ないのに、、この人の声の素晴らしさは理屈なく私の心に訴えてきました。一時の現象に留まらないと思える歌声です。

投稿: 板金屋さん | 2009年4月20日 (月) 20時35分

板金屋さん
そうですね。全くブレのない真っ直ぐな素晴らしい歌唱ですね。世情とインターネット時代が作り上げた一時的な話題に留まらないことを私も期待しますが・・・。

投稿: YASU47 | 2009年4月20日 (月) 21時57分

川井様

仙台の今田です。私もつい最近知って不覚を取ったのですが、昨年12月のライブ文学館の様子が小説新潮の3月号に掲載されています。前月号なので注文すれば手に入ると思いきや、書店はおろか、出版元にも残っていないとのこと。やむを得ず図書館で見てきました。小池さんと無伴奏のマスター木村さんの楽しいトークが載っています。機会がありましたら図書館へ足を運んで見てください。

投稿: Imada | 2009年4月23日 (木) 18時46分

今田様
情報をありがとうございます。早速図書館で探してみて、読後にメールさせていただきます。

投稿: YASU47 | 2009年4月24日 (金) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/44719500

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーザン・ボイル」@YouTubeと「エレイン・ペイジ」:

« 『夢遊病の娘』@METライブビューイング | トップページ | アルジェリア – 今を旅する、昔を旅する »