« タシケントの桜 | トップページ | 『山形 vs FC東京』@味スタ »

2009年3月15日 (日)

ロシア正教会@タシケント

90315 日曜日の午前中、ふと思い立って市内のロシア正教会に出かけてみました。イスラム国にも拘らず多くの信者が訪れています。ロシア系のみならず、タタール系、ウズベク系と思われる人々も少なくありません。教会を維持するにあたってソ連邦国家との、そしてイスラムとの軋轢は決して小さなものではなかったと想像しますが、今、ここで目にするのはとてものどかで平和な光景です。

ミサの間は全く出入りが自由です。好きな時に来て祈り、好きな時に帰るというのがロシア正教の(あるいはここの)流儀なのでしょうか? 礼拝は立ったまま行います。この点がプロテスタントやカトリックと異なります。女性たちはスカーフで髪を覆っています。東方教会とイスラムとの共通点が何かあるのでしょうか? 賛美歌は祭壇脇の合唱団によってアカペラで歌われます。教会独特の残響が荘厳な音響効果を与えます。祭壇や側壁には多くのイコンや宗教画が架けられており、それらに向かって信者たちが十字を切りながら敬虔な祈りを奉げています。

屋外ではベンチの周りで人々が歓談したり、早春の柔らかい風に吹かれながら思い思いに寛いでいます。子供連れの家族も多く賑やかです。恐らく日曜日毎の交流が楽しみなのでしょう。かつてソ連時代にモスクワやシベリア地区で幾つかの教会を訪れたことがありますが、辛うじて年配者たちによって教会が守られているという印象でした。時代が異なるとはいえ、ここタシケントではとても開放的な雰囲気を感じました。教会を一歩出ると、そこはイスラム色に満ちた大通りです。この平和的な調和がいつまでも続くことを願うばかりです。

90315_2

|

« タシケントの桜 | トップページ | 『山形 vs FC東京』@味スタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/44358104

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア正教会@タシケント:

« タシケントの桜 | トップページ | 『山形 vs FC東京』@味スタ »