« R・シュトラウス『サロメ』・驚異の音楽劇 | トップページ | ノスタルジー@諏訪ノ森 »

2008年9月19日 (金)

雑談@大阪ミナミ

Dscf0204 この風景を間近に眺めるのはいったい何十年ぶりなのだろうか? 台風13号は南にそれて、大阪は夕方から薄日が射し、道頓堀川を渡ってくる風にはほのかな秋の気配が感しられます。橋のたもとで暫し昔の街の面影を追います。

入社直後に新入社員実習ということで約半年間、南海電車の諏訪ノ森駅の近くに下宿し、泉北石油化学コンビナートに通いました。休日はもっぱら難波地区を歩き回り、しばしば京都にも出かけました。以来、関西地区にほとんど縁がありませんでしたが、実は土地勘があったのです。

この地区は東京の変貌振りに比べると街の装いがあまり変わっていませんね(おそらくキタとも違い)。

今回感じたことといえば、大阪は相変わらず元気そうだということと、中国人グループツアーがやたらと目立ったことでしょうか。心斎橋のたもとでは、関西弁>中国語>東京弁の順で耳に入ってきます。

今夜のタイガースはジャイアンツに敗れてついに2ゲーム差。優勝を逃すことになってしまった場合の唯一の救いは道頓堀ダイブがなくなることです(^^;)。

|

« R・シュトラウス『サロメ』・驚異の音楽劇 | トップページ | ノスタルジー@諏訪ノ森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/42527280

この記事へのトラックバック一覧です: 雑談@大阪ミナミ:

« R・シュトラウス『サロメ』・驚異の音楽劇 | トップページ | ノスタルジー@諏訪ノ森 »