« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

『ピーター・グライムズ』@METライブビューイング

80330petergrimes_3 3回目のMETライブビューイングはブリテンの『ピーター・グライムス』です。19世紀初頭のイングランド東海岸の小さな漁村を舞台にしたこの現代オペラは幕を追うごとに物語、そして音楽に引き込まれていきます。排他的な村人たちと粗野な漁師、ピーターとの間で深まる対立はやがて取り返しのつかない悲劇へと至ります。

演出のジョン・ドイルはミュージカルの演出も手掛けるそうです。出演者たちの動きは決して身軽ではないのですが、音楽の力と相まって緊張感に溢れたドラマを作り上げています。村人たちの黒装束や主要出演者たちの汚れ、朽ちた衣装が貧しい漁村であることを表わしています。男たちの労働の辛さや女たちの絶望が合唱を通じて訴えかけてきます。舞台の両側からせり出す暗く高い壁は村の閉鎖性を表わしています。そこから覗き見をしたり噂話を振りまく村人たち・・・。悲劇の後、ラストシーンで壁が取り払われ、そこが広々とした海であったことを知ります。

ドナルド・ランニクルズという指揮者は初めてです。風貌はどことなくトスカニーニを思わせますがスコットランド出身とのこと。とてもきびきびとした指揮ぶりで鋭く引き締まった音を引き出しています。データはほとんど無いのですが最近、欧米でワーグナー指揮者として活躍しているようです。とても魅力的で今後も注目してみたい指揮者です。

ピーター・グライムスを歌っているアンソニー・グリフィーはこの役の第一人者とのことです。2002年の小沢/サイトウキネンによる松本での上演の際にもタイトルロールを歌っていたとのことです。高音がよく伸び、劇的表現に秀でた素晴らしいヘルデン・テノールです。

共演のパトリシア・ラチェット(エレン)の感情を抑えた静かな佇まいや芸達者なフェリシティ・パーマー(セドレイ夫人)、ジル・グルーブ(酒場の女主人)といった脇役たちも素晴らしい歌唱と演技を披露してくれます。

そして更に素晴らしいのが合唱です。決して、耳に馴染み易いメロディを奏でるのではないのですが、管弦楽と共にドラマの緊張感を思い切り盛り上げます。村人たちの苦しさや絶望、怒り、攻撃性といった感情を表現する一方で潮風の優しさや人々のやり場のない哀しみを歌います。

METシリーズ、今回も良い作品を観ることが出来ました。今シーズンも残るは僅か三作品です。次回の「トリスタンとイゾルデ」は5時間35分の上演時間です。ワグネリアンではない僕にとっては辛いかなぁ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

中世都市『ブハラ』から

80322kandym 2ヶ月前に引き続き、再びウズベキスタンを訪れています。今回は、南のトルクメニスタン国境に近い土漠地帯を巡りました。人里から数十キロの道なき道、周りは右の写真のように、遥か地平線まで土漠地帯が続きます。「草もなく、木もなく、稔りもなく、吹きすさぶ嵐が荒涼と過ぎる」とは野間宏「暗い絵」の冒頭の描写ですが、この地も3月の中旬だというのに、すでに灼熱の気配が一帯にたちこめており、風の強い日には砂嵐が襲う、稔りとは無縁の荒涼地帯です。

この場所を訪れたのは勿論探検や冒険が目的ではなく、新たな天然ガス開発計画調査の一環です。このような荒涼とした土漠地帯の地下に膨大なエネルギーが眠っています。石油に比べると、天然ガスは硫黄含有分が少なく燃焼排ガスが比較的クリーンであること、エネルギー当たりの温暖化ガス(CO2)排出量が少ないこと等により、非化石燃料の開発に至る期間に一定の役割を果たすことになります。しかし、地球温暖化の基本的解決のためには、化石燃料そのものの総需要と総供給量を共に抑制せねばなりません。基本的な矛盾を抱えたまま、今でも世界は天然ガス開発競争に凌ぎが削られています。このウズベキスタンで開発される天然ガスは国内需要を満たした後、パイプラインを通じてトルクメニスタンのガスと共にロシア経由でヨーロッパに向かうことになります。各国のエネルギー国家戦略が渦巻いています。

この国の表面には、そんな政治、軍事、エネルギー戦略とは無縁の人々の生活があります。今回は帰路にブハラの街に立ち寄りました。世界遺産に登録されているこのオアシス都市はシルクロードの中心都市サマルカンドに比べると華やかさでは劣りますが、今でも中世時代の建物と人々の生活が一体化した特異な雰囲気を有しています。かつて、キャラバンサライに駱駝を引き連れた隊商たちを受け入れたように、今は大型観光バスで乗りつける欧米や日本からの多くの観光客を受け入れています。郊外には新しいショッピング街の建設が始まり、携帯の普及にも目覚しいものがありますが、旧市街と共にある人々の営みは永劫の時を刻みながらゆったりと流れているような印象です。この国は、古いものと新しいもの、イスラムと世俗主義、近代化と伝統、開発と保存、勤勉と怠惰、統制と自由化といったものが混在、あるいは危ういせめぎ合いをしているようです。

この国への僕の興味と愛着は尽きることがないようです。80322buhara2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

クラシク専門局・『OTTAVA』

80304ottava2 最近、深夜にはTBSによるデジタル・クラシック音楽専門局、OTTAVAからのライブ放送を流しながらPCに向かうことが多くなりました。

http://ottava.jp/index1.html

すでに多くのクラシックファンの方々が利用されていると思いますが、実は僕の場合は雑誌MOSTLY CLASSICの今月号で初めて知った次第です。それまで、PCで流すクラシック番組といえば、もっぱらiTunesメニューによる「ラジオ」でしたが、音質に圧倒的な差があります。しかも選曲と10名のプレゼンターたちのセンスの良さに惹かれます。

曲目は幅広いジャンルから選ばれています。一曲への割り当て時間が短く、交響曲や協奏曲はその一部の楽章しか採り上げられないのが時として不満ですが、全曲を聴きたくなったらCDに切り替えれば良いのです。

音源はNAXOSが中心です。スター演奏家はいませんが、簡単な曲目の説明と演奏者名が表示されるのが嬉しいです。初めて耳にする曲も多く、新しい音楽や演奏家との出会いを楽しむことが出来ます。今、この瞬間もグリークの「抒情組曲」を流しながらキーボードを叩いています。

メニューから過去の番組を「ON DEMAND」で呼び出したり、「PODCAST」でPCに取り込んだり、オリジナル音源をダウンロード購入することも可能ですが、この番組は良質の音楽を「流す」ことに最大の持ち味がある以上、そのままライブストリーミングを楽しむのが一番のようです。

曲がプッチーニの「歌に生き、愛に生き」に替わっています。今夜は今しばらく、このままOTTAVAからの音楽を流しながらあちこちのblogにお邪魔することにしましょう。80304ottava

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »