« テオドラキス・『ZORBAS』 | トップページ | 6年ぶりのタシケントから »

2008年1月29日 (火)

『マクベス』@METライブビューイング

80127macbeth 先々週に引き続いてのMETライブビューイングはヴェルディの『マクベス』でした。ほんの2週間前のメトロポリタン歌劇場の公演を」をこうして快適なシネコンのシートで、しかもガラガラ(興業的に大丈夫か?)、さらにドリンクとおつまみ付きで(^^;)楽しめるのですから病みつきになります。

さて、このオペラ、シェークスピアの原作に真正面から取り組んでいるからでしょうか(白状すると、実は原作を読んでいませんが・・・(^^;))、実に緊張感に溢れた世界を作り出しています。オペラにつきものの「愛」に代わり、「権力」「陰謀」「暗殺」そして「破滅」が主題になっています。しかし、音楽に暗さや陰鬱さほとんど感じることはありません。初演は1847年ですからナブッコ(1842年)と同様、ヴェルディ初期の作品群に属します。似ているのは音造りだけでなく、バリトンとドラマティック・ソプラノを軸にした「権力を巡る争い」という点でも同じです。しかし、親しみやすいメロディや美しい合唱に溢れ、また作曲時にイタリア統一運動の熱狂と重なった「ナブッコ」の方が人気と上演頻度の点では勝っていますね。

演出(エイドリアン・ノーブル)は時代設定不明の折衷的なものですが悪くはありません。兵士たちの機関銃による武装はシェークスピアの時代(17世紀初頭)とはかけ離れたコスチュームですが、権力を巡る陰謀の存在は昔も今も変わりません(人間社会も進歩がありませんねぇ・・・)。舞台装置はMETにしてはどちらかというとシンプルですが、音楽への集中を高めこそ、それを阻害するような要素はありませんでした。舞台が暗いのは陰謀劇である以上やむを得ないのでしょうね。

出演者では期待通り、マリア・グレギーナの歌唱と存在感が圧倒的でした。同じヴェルディ作品ではMETとウィーンでのアビガイッレ(ナブッコ)やスカラ座のアメリア(仮面舞踏会)が映像化あるいはBS放映されていますが、いずれもドラマチック・ソプラノの迫力に圧倒され、ヴェルディ音楽の陶酔感に浸らせてくれます。この『マクベス』では加えて、これまで以上の迫真ともいえる体当たり演技をも見せてくれます。

マクベス(Br)とマクダフ(T)の配役がそれぞれL・アタネッリからJ・ルチッチ、B・アロニカからD・ピタス変更になったとのことですが、馴染みのない歌手たちなのでここには特に関心なしです(冷たい・・・)。ただ、Jルッチはマクベスという難役を巧く演じていましたが、声量と深みにはちょっと不満を感じました。しかし、METの代役としては見事に大役を果たしたものだと思います。

さて、次回は3/2の「マノン・レスコー」です。もう一点、このライブビューイングの良いところは、厭でも全編を一挙に観てしまうところです。家で録画した映像はつい早送りをしたり、ややもすると棚の奥に眠ってしまいますから。

|

« テオドラキス・『ZORBAS』 | トップページ | 6年ぶりのタシケントから »

コメント

こんにちわ再びお邪魔します。
マクベスも大変見ごたえありましたね。
映画館の大画面でユッタリと見る、、あの贅沢な雰囲気を味わうと、、ライブビューイングすべて見たくなります。
「ナブッコ」も全然知らないのですが、旧約聖書のバビロニアの王ネブガドネザル2世に興味ありで、マリア・グレギーナで是非見たいものです。

投稿: kazuko | 2008年1月31日 (木) 00時12分

kazukoさん、
原作や台本がしっかりしているオペラ作品は聴き応えのみならずとても見応えがありますよね。でも、この「マクベス」は同じシェークスピア悲劇「オテロ」の救いのなさに比べると、後味は悪くありません。登場人物たちに一種の潔さがあるからでしょうか。
「ナブッコ」は全編に流れる音楽にヴェルディの力がみなぎっていて大好きな作品です。

投稿: YASU47 | 2008年2月 1日 (金) 01時16分

突然失礼します。
ミクシーのFoEの方からこちらに辿りつきました。
私も年末に歌舞伎座でライブビューイングを体験しました。
リーズナブルで楽しめるのは、何よりですよね。
春の連隊の娘も楽しみです。。
(GWにNYを訪れるのですが、チケットが取れるか微妙なので)

投稿: あやぽん | 2008年3月24日 (月) 23時08分

あやぽんさん、はじめまして。
「FoE」と「サンセット大通り」というmixiの中でも関連性の全く無い少人数コミュが二つ重なっているというのも奇遇ですね。「サンセット」はやはりロイドウェバーからなのでしょうか?(話が飛んでますが(^^;))。
「連隊の娘」は音楽は良いし、コメディとしても楽しめるし、ましてやN・デセイとなれば見逃せませんよね。
いつか、FoEの「サポーターの日」にお目にかかりましょう。

投稿: YASU47 | 2008年3月25日 (火) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/17890917

この記事へのトラックバック一覧です: 『マクベス』@METライブビューイング:

« テオドラキス・『ZORBAS』 | トップページ | 6年ぶりのタシケントから »