« 2007年夏・北海道への旅 | トップページ | 井上靖記念館 @旭川 »

2007年7月29日 (日)

映画・『魔笛』

70729_3 映画『魔笛』を見ました。ケネス・ブラナー監督が来日記者会見で、「オペラの専門家ではないからこそ、大衆に向けて扉を開くことが出来たと思う」と語っているように、この映画は決してオペラファンを満足させることが目的で作られたものではありませんが、モーツァルトや魔笛を知る、知らないに関わらずに楽しめる作品となっています。

これまで『魔笛』については、比較的多くの舞台や映像を観てきましたが、芯からの満足感を得たことはありませんでした。南極基地らしきところを舞台にした演出(2000年ヴィスバーデン)には思わずのけ反りましたし、2001年のパリ・オペラ座映像の学芸会的な演出には辟易です。『魔笛』は一歩間違えると、とんでもない駄作でしかなくなるという危うさと表裏一体の作品です。破天荒なストーリー、天真爛漫なメロディーから、美しいアリア、ミサ曲風の合唱曲に至る音楽の多様性、フリーメーソンの儀式を窺わせる神秘性等々がないまぜになった実にユニークな作品ですが、それらの魅力を舞台上であますことなく表現することは実に困難のようです。『魔笛』はヨーロッパ、とりわけドイツ語圏では上演機会の多い作品ですが、家族連れ向けの観客も多く、そのことが演出上の縛りにもなっているようにも感じます。

この映画では、『魔笛』だからこそ許される自由な解釈と演出が発揮されています。最終的には「愛と平和」に落ち着いてしまうという平凡な結末に不満も感じますが、それでも随所に映画だからこそ可能な演出、映像効果、ヒネリが満載です。そもそも背景を第一次大戦に設定することからして舞台表現の限界を超えていますし、更にSFXの多用、音楽と映像の計算された同期、効果的なカメラワークなどにより目と耳を奪われ続けます。「火の試練」のシーンなどは思わず「なるほど、こういう手もあったのか」と呟いてしまいました。

タミーノが戦場の泥の中から顔を上げる場面は「地獄の黙示録」、夜の女王の墜落場面は「ダイハード」、ラストの緑の絨毯が野山を覆う場面は「ファンタジア2(火の鳥)」など、パロディとも思えるシーンも幾つか見られます。そういえば、この作品は「地獄の黙示録」のパロディそのものかもしれません(カーツ大佐の帝国は安泰ですが(^^;))。

音楽面ではDOLBYサウンドが館内に響き渡り、モーツァルトを聴くという気分にはなれませんが、『アマデウス』以来の素晴らしいサウンドトラックです。出演者ではザラストロのルネ・パペ、夜の女王のリュボフ・ペトロヴァの両中堅が実にしっかりしています。ペトロヴァは2003年のグラインドボーン音楽祭の「こうもり」でアデーレを好演しているものの(TV映像より)、スープレッド役には気品がありすぎると感じていましたが、この映画では夜の女王の喜怒哀楽を見事に演じています。タミーノ役のジョセフ・カイザーとパミーナ役のエイミー・カーソンに大きな不満はありませんが、オペラファンの視点からすれば、別のキャスティングもあったのかなという印象です。

70730 最期に、舞台映像の推薦盤を挙げるのは難しいのですが、2003年のコヴェントガーデン歌劇場盤(D・マクヴィカー演出、C・ディヴィス指揮)はハルトマン(タミーノ)、レシュマン(パミーナ)、キーンリーサイド(パパゲーノ)、ダムラウ(夜の女王)といった出演者たちの魅力もさることながら、演出が真摯なことに好感が持てます。『魔笛』は厄介な作品ですが、余計な理屈は考えないことが楽しむための最大のコツかもしれません。

|

« 2007年夏・北海道への旅 | トップページ | 井上靖記念館 @旭川 »

コメント

こんばんは
私もみました。ザラストロが本当にシビレました。
たしかにモーツァルトという感じではありませんでした。
音楽は楽しめる作品でした。
こういう演出でも映画だったら楽しめました

投稿: おぺきち | 2007年7月31日 (火) 22時53分

おぺきちさん、こんばんは。
モーツァルトであるかどうかは別にして、単純に自由奔放な音楽映画として楽しめましたよね。製作者とスタッフたちに感謝です。ミュージカルも含めて、このような楽しく、かつ音楽性に溢れた映画が増えるといいですね。

投稿: YASU47 | 2007年7月31日 (火) 23時34分

こんばんは。コメント&TB(なぜか反映されていませんが・・)ありがとうございます。特に期待とかなしで見たのですが、引き込まれました。平和と寛大な心、陳腐かもしれませんが、人類にとって実現が最も難しい課題だと思います。素朴に単純にこれを主張するのはいいことだと、年のせいか、思うようになりました。それでも、映画の中のザラストロとその仲間たちも一歩間違えば非常に危ういことを感じずにはいられません。完全なハッピーエンディングではないでしょう。そんなものはこの世には存在しないわけですし。TBしてみます。

投稿: edc | 2007年8月 1日 (水) 00時24分

edcさん、
お越し下さりありがとうございます。TBは無事に転送されたようです。
僕もザラストロによる平和には怖さを感じます。モーツァルトはどのように思っていたのでしょうね。
前に見た舞台演出のひとつでは、ラストシーンで一度は倒れた夜の女王が、ザラストロから手をさしのべられて和解するというものでした。カルトとファッショの余韻が残る限り、完全なハッピーエンディングとは言えないでしょうが、見終わった後にとても幸せな気分になりました。

投稿: YASU47 | 2007年8月 2日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/15942430

この記事へのトラックバック一覧です: 映画・『魔笛』:

» 「魔笛」(2006) [Takuya in Tokyo]
 正直結構退屈でした。  歌詞は改変してあっても音楽には基本的に手を入れてないし、モーツァルトを冒涜しているという感じも全然ない。  もともとがストーリー破綻の、この「魔笛」。無理に変な手を加えて合理的な解釈を加えたりせず、破綻したストーリーを破綻した....... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 00時57分

» 映画「魔笛」ケネス・ブラナー監督 [雑記帳]
なんだか期待はずれだった「ヘンリー五世」以来、今までにいくつか見た同監督の映画のなかでは、一番おもしろかったかも・・ どうもこの監督とは相性が悪いみたいなので、かなりためらったんですけど、なんと言っても「魔笛」ですから・・というわけで、帰り道にちょっと寄れる映画館で上映中だし、行ってきました。 男優陣は、やっぱりね、いかにも英米人という感じの優男コンビ(タミーノとパパゲーノのことです)で、それなりに悪くないけど、心は動かず。かたや、夜の女王とパミーナはとても好みでした。全然可愛い感じではないパ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 00時24分

» 映画:魔笛 [Clala-Flala]
ケネス・ブラナー監督の映画「魔笛」を、新宿テアトルタイムズスクエアで観てきました。「魔笛」が映画でどのように変化させられているのか興味ありましたし、いちおうクラファンを装っていますから・・・。 しかし、私が良く訪れるクラ・サイトではいまひとつ評判は芳しくない。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 22時49分

« 2007年夏・北海道への旅 | トップページ | 井上靖記念館 @旭川 »