« 終わらぬ悲劇・・・『Iraq Body Count』 | トップページ | コルンゴルド・『死の都』 »

2007年1月27日 (土)

映画『不都合な真実』

封切り中の『不都合な真実』を観ました。何の予備知識も持たずに出かけてみたのですが予想を超えたアル・ゴア氏の語り口の巧さに引き込まれた1時間半強でした。先の大統領選挙での敗北後、ゴア氏は環境問題、とりわけ地球温暖化への警告の伝道師として世界中を講演して回っています。この映画はスライドやフィルムを多用したそれら講演内容の映像化ともいうべき映画で、まるで大学の講義を聴講しているような新鮮な気分を味わうことが出来ました。70127inconvenient3

内容はCO2濃度と気温の関係をまず明らかにし、更に温暖化が海流や気象、生態系、海面上昇等に与える影響を映像を駆使しながら具体的に分りやすく説明しています。最後に「現状の認識と身の回りで出来ることからはじめよう」「米国は京都議定書の批准を」「未だ諦める必要はない。人類の知恵によって解決は可能である。」と結んでいます。深刻な状況への警告と共に人類の能力への信頼を表明しています。一部に同意出来ない政治的発言もありましたが、それでも、改めて環境問題への再認識をさせられる一方で、解決への希望をもらうことが出来ました。より多くの人に見てもらいたい映画です。

かって、自分が最初に認識した環境問題といえば1970年代の「水俣」「四日市」「阿賀野川」等に代表される所謂公害問題でした。主に工場からの排水、排ガス、廃棄物による汚染被害が中心でした。先日逝くなられた宇井純氏主宰「自主講座」での記録をまとめた「公害原論」や石牟礼道子著「苦界浄土」に影響を受けたものです。これらの裁判は一応の決着や和解をみていますが、患者の苦しみは未だ終わっていないものと認識しています。その後の行政と企業側の一定の努力、地域住民による監視の強化等により環境保護にかけるべきコストへの認識も高まり、日本においては大気、河川等の汚染は大幅に軽減しました。一方で、80年代以降も、現在に至るまで公害工場の海外移転、核汚染、地下水汚染、薬害、日照、アスベスト汚染等による新たな被害が多く出ています。しかし、温暖化に代表される地球環境問題に関してはあまりにも規模が大きく、しかも変化が緩慢(映画の中ではカエルの例で的確に表現していました)であるために自覚が難しく、ついつい直視を怠ってきたということがあります。

以下の映画連動URLに私たちが出来ること、として29項目が挙げられています(USサイトからの転載のため必ずしも当てはまらないものもありますが)。

http://www.futsugou.jp/takeaction/index.html

国や企業による努力は勿論のことですが、それらを構成している私たち自身が変わることが第一歩でしょう。諦めたら終わりです。子供たちに破壊された地球を渡すわけにはいきません。及ばずながら私自身も常に意識をもった行動を心がけたいと思っています。

|

« 終わらぬ悲劇・・・『Iraq Body Count』 | トップページ | コルンゴルド・『死の都』 »

コメント

私の会社は、歴史的に「水俣」・「四日市」と、マイナス面で深く関わっていました。就職をエイヤッ、で決めてしまったので後で知ったのですが、しばらくは後悔しましたっけ。
でも、「水俣」・「四日市」当時は、企業というだけでなく、日本というこの場所が、環境とは何かを忘却した時代だったのかな、とも思います。
それがいまや手のひらを返したように「環境、環境、エコロジー」とのたまうので、
「何なんだヨ!」
と腹が立つくらいです・・・いや、短期は損気で、起こっても何も前進しない。
まして、リンク先のページを拝見しましたら、そこにあるような努力は自分自身もしていませんでしたもの。これは、人のせいにしている場合ではないな、と、つくづく思いました。
大変勉強になりました。ありがとうございます。

こちらへ綴ることではないのですが、このあいだは「スコア」のことでお悩ませしてしまいましたので、本来身内のアマオケ向けなのですが、YASUさんにも読んでいただけて、またお叱りをいただければと思いながら記事を綴りました。(今、ウツ上がりで・・・なおったんですけれど、デスクにいても仕事が半端にしかないのです。その合間に綴りました。)
ご一読の上、またクレーム下さいネ!
すこしでも楽しみに読んで頂けるよう、工夫をしていきますから。

http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_3bcc.html

投稿: ken | 2007年1月30日 (火) 14時56分

kenさん、
私もプラント建設業界に身を置く者として所謂「公害問題」と無縁ではありません。でも、当時と今とでは「環境」の意味合いが大きく異なりましたね。公害問題以来、企業は汚染防止にかけるべきコストというものを損害未然防止費用として受け入れました。最終的にそのコストは消費者に転化されたとはいえ、それなりの教訓と知恵が発揮されたものと言えます。

一方、当時は想像もつかなかったのが温暖化問題であり地球環境問題でした。温室効果ガスとしてのフロンは禁止されたものの、膨大な量のCO2排出規制は効果的ではありませんでした(工場排ガスもSOX、NOX規制が中心でした)。多くの人々にとっては昨今の気温上昇と気象破壊をもってその深刻さに一挙に気づいたともいえます。地球規模の問題は一個人には手が余る、政府に任せるしかない、といった諦めもあったように思います。でも、今、待ったなしの時がやってきました。企業側でも不十分ながらISO14001やCSRで環境マネージメントを活動の軸のひとつに据える時代となりました。再度、人間の英知に期待です。

「スコア」の件、私のような素人は捨て置いて、kenさん独自の路線と表現を追求していただければと思います。そこから何を掴めるかは読み手次第ですものね。

投稿: YASU47 | 2007年1月30日 (火) 23時18分

観に行きたいと思いながらまだ行ってません。 「ダーウィンの悪夢」はつい最近観て来ましたよ。 こちらのほうは環境問題一辺倒の内容ではなく、明確なプロットなしで淡々と描くドキュメンタリーといった感じでした。

投稿: こだま | 2007年2月 1日 (木) 07時07分

こだまさん、こんばんは。
「ダーウィンの悪夢」については内容を知りませんでしたので以下のURLで予告編を見てみました。私たちが知るべき開発の一側面を描いているのですね。上映館と期間が限られていますが是非見たい映画です。
http://www.darwin-movie.jp/

投稿: YASU47 | 2007年2月 1日 (木) 21時16分

はじめまして。
あしあとからここへたどり着きました。
福島でもちょっと遅れて4月にこの映画が公開になります。
地元での反響を楽しみにしております。

投稿: turbo | 2007年2月19日 (月) 00時34分

turboさん、はじめまして。
turboさんのお名前はmixiの「FoE Japan」コミュで見かけて足跡を付けさせていただきました。
今日届いたFoEのお知らせによると、3月のサポーターの日(3/8)でこの映画について語り合うとのことですが、そちらからではちょっと遠過ぎますね。福島でも公開になったら是非感想をお知らせ下さい。

投稿: YASU47 | 2007年2月19日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/13680687

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『不都合な真実』:

» 「不都合な真実」(2006) [Takuya in Tokyo]
 アメリカ前副大統領アル・ゴアが、地球温暖化の危機を訴える。  東京国際映画祭特別招待作品。一般公開は来年の1月20日を予定とのこと(ホームページ)。    二つの意味で、爆発的に面白かったです。  一つは、「華氏9/11」が面白い、というのと似たよう....... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 23時21分

« 終わらぬ悲劇・・・『Iraq Body Count』 | トップページ | コルンゴルド・『死の都』 »