« BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン | トップページ | 溢れ出る混沌・『大竹伸朗・全景』展 »

2006年11月19日 (日)

『のだめ』の影響

月9ドラマ『のだめカンタービレ』の人気が高いとのことです。クラシック音楽を話題にしているあちこちのblogでも概ね好評のようです。そういう僕も、原作のコミックには目を通していないのですが、これまでの5回をきっちりと楽しんでいます(^^;)61119cd 「音と楽器の動きが合っていない」とか「練習シーンでも本物の音源を使っていて不自然」とかいう批判もありますが、ドラマを楽しむ上では全くの余計なお世話です。このドラマは単純に楽しむが「勝ち」です。

さて、この「のだめ」が自分に与えた影響はかなり大です。この数年はもっぱら声楽とオペラにハマっていましたが、棚に眠っていたピアノや管弦楽曲のCDを取り出してみる気にさせてくれたのです。これまでの5回に主題として採り上げられた曲について棚から取り出して再度聴きなおしてみた演奏は以下です(これら以外にも多くの名曲が短く用いられていますがキリがないので省略)。

改めて聴くこれらの楽曲の何と新鮮であったこと!

モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ

* M・アルゲリッチ(P/A・ラビノヴィッチ(P

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番「春」

     O・コーガン(V)/S・リヒテル(P)

     G・クレーメル(V)/ M・アルゲリッチ(P

ベートーヴェン 交響曲第7番

* C・クライバー/VPO

* C・アバド/VPO

* 小澤/サイトウキネン

ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー

* J・レヴァイン(指揮とピアノ)/CSO

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

* C・リカド(P)/C・アバド/CSO

ここに挙げた演奏はCD盤ですが(最近はもっぱら「声」が中心なので増えていません)、実はクラシックを聴き始めた頃から集めていた数百枚のLP盤がありました。CDの登場と共に次第に聴く機会は少なくなり、ついには全てを処分してしまいましたが、その中では、当時の演奏技術と録音技術の粋を示したショルティ/CSOによるベト7やジャズの心情のこもったバーンスタイン/NPOによるラプソディ・イン・ブルーなどが今でも記憶に残っています。

いやぁ・・・しばらくの間、頭の中ではタイトルにも使われている「ベト7」が鳴っていましたし、この一週間はラフマニノフがちょっとした拍子に鳴り出しました(^^;)。来週は何を聴くことになるのでしょうか?上野樹里さんもとても可愛いし・・・楽しみです♪

|

« BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン | トップページ | 溢れ出る混沌・『大竹伸朗・全景』展 »

コメント

はじめまして。。。と言いつつ、実は時々拝読して、ご見識に恐れ入っております。
で、コメントするのもおこがましいので差し控えておりましたが、今回は「のだめ」を話題にして下さいましたので、3つほどTBさせて頂きました。
お恥ずかしい限りですが、ご一瞥頂けましたら幸いに存じます。
うち、「のだめ」CDについてはドラマ中に使用した演奏のものであるため、お好みにそぐう保証はございませんので、その点はご了承・ご容赦頂きたく存じます。
・・・いつも、なかなかシブくて堅実なお好みのようで・・・
今後も楽しみに拝読させて頂きます。
突然失礼致しました。

投稿: ken | 2006年11月20日 (月) 01時29分

YASUさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。

ドラマ途中からの視聴ではありますが、私もしっかり「のだめカンタビーレ」から影響を受けた一人です。
気がついたら、昔、使っていたベートーヴェンのピアノソナタの楽譜を取り出し、久しぶりにピアノに向かってました。(^^;

それにしても、このドラマ、次々と名曲が挿入されテンポがいいですね。
そして、キャラクターが、みんな、なかなかイイ味出していて面白いし、何と言っても、のだめちゃんが可愛いですね。(^^)

今夜も楽しみです。

投稿: snow_drop | 2006年11月20日 (月) 13時14分

kenさん、
はじめまして。コメント&TBを有り難うございます。こちらからもTB返しをさせて頂きました。「見識」なんてとんでもないデス。単なる年配者の雑多な思いつきを並べているだけです。
kenさんのblogもクラシックの話題が満載ですね。これからゆっくりと眺めさせていただきます。
今日の「のだめ」はkenさんも書かれているようにラフコン2のピアノ合奏が圧巻でしたね。毎月曜日が楽しみです。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: YASU47 | 2006年11月20日 (月) 22時30分

snowさん、こんばんは。
snowさんのピアノ、ベートーベンとは本格的ですね♪う~ん、興味あるなぁ・・・。アルゲリッチ風?グールド風?それとも、のだめ風?
のだめちゃん、ホントに可愛いけど、あそこまで付きまとわれたら・・・えっ?心配ないって(^^;)?

投稿: YASU47 | 2006年11月20日 (月) 22時39分

YASU様
本日分も早々にお読み頂いたようで、恐縮です。
TBも有り難くお受けさせて頂きました。
またいろいろご教示下さい。新記事を楽しみにしています。

投稿: ken | 2006年11月20日 (月) 22時40分

YASUさん、こんにちは♪

私のピアノ? あは(^^) のだめ風かもしれません。
でも、あんなに耳が良くないですけれど。(^^;

それにしても、第6話の4手のためのラフマニノフ、素晴らしかったですね。
あそこまで陶酔できると、本当にピアノも楽しいだろうなって思いながら見てました。

投稿: snow_drop | 2006年11月22日 (水) 13時40分

YASU(あざらし)さん、こんばんは
早めに帰宅して、途中からですが、「のだめ」を始めてみました。これは楽しいですね。クラシック(特にピアノ)好きなので音楽も聞きほれます。
あんなに楽しそうに弾いているのを聴くと、自分もまた弾きたくなります。でも最近、マンションではピアノの音がしないので、電子ピアノを買わないとダメかも。。

投稿: LENI | 2006年12月11日 (月) 23時01分

LENIさん、
「のだめ」は近来にない面白い作りのドラマですっかりハマっています。昨日のシューベルトも素敵でしたね。いずれ再放送の際には最初から見て下さい。
ピアノといえばLENIさんお奨めはプレトニョフでしたよね♪確か昨年来日していたので今も尚、活躍中なのでしょうか?指揮のほうはもっぱらゲルギエフやヤンソンスが脚光を浴びていますが、プレトニョフにも頑張ってもらいたいものですね。

投稿: YASU47 | 2006年12月12日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/12750534

この記事へのトラックバック一覧です: 『のだめ』の影響:

» のだめ)CD「のだめオーケストラ  LIVE ! 」 [Ken]
「あれ、先輩、何急いでるんですか?」 「おう、なんだ、おまえか。」 「そのツルヤ千年堂(有名CDショップ)の袋・・・またマニアックなクラシックのCDでも買って来たんですか。」 「なんでもいいじゃネエか... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 01時22分

» のだめ)関連編:「くわしっく名曲ガイド」茂木大輔著 [Ken]
・・・「エェっ、<のだめ>に出てくる曲の説明してくれるんじゃなかったの?」「だって、そんなのいまさら沢山あるし、CDブックも出てるし。ますますいっぱい、CDが発売になるし。」「じゃあ、CDブック買え、... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 01時24分

» のだめ)皆様へのお願いとお詫び [Ken]
1)ニフティの「ココログ」をお使いの方にしかお願いできないのでしょうが、 せっかくだから『のだめカンタービレ』というカテゴリを作っておくと、「のだめ」のことだけ読みたい人が記事を探しやすくなりますヨ!... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 01時30分

» ヴァイオリン・ソナタ《春》 [orfeo.blog]
CDライブラリーより。 まずは先週の『のだめ』第5話に関する話題。千秋サマのラフマニノフの本番での演奏に遅刻して会場に飛び込んだのだめに非難集中だそうです。まあ、のだめ本人に対して、というより、その... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 07時40分

» 「のだめカンタービレ」第5話 [きままにARTSダイアリー]
つい先日、とあるオフ会で知りあった方が、ドラマ「のだめカンタービレ」にエキストラ [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 12時56分

» のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き [Ken]
・・・「のだめ」を見るたび、笑って、でも涙してしまう そんな自分が分からなくなってきました。。。 原作4巻の音楽祭の部分はドラマ化されませんでしたので、逆にテレビドラマとしてはこれからが真骨頂かもし... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時47分

» のだめカンタービレ Lesson6「さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ」 [多数に埋もれる日記/ウェブリブログ]
今週は、のだめと千秋の関係はどうなるのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 23時54分

» のだめカンタービレ、主人公「野田恵」のモデルは実在します! [今日の気になるニュース@総合]
のだめカンタービレ1巻の表紙(講談社) 「のだめカンタービレ」は、講談社の女性漫画誌「Kiss」で連載されていて、じわじわと人気を呼び、今年の10月から月曜日午後9時フジテレビ系のドラマ枠「月9」でドラマ化されたことにより一気にブレークしました。 「のだめカンタービレ」のストーリーは、上野樹里さんが演じる、天才的なピアニストでありながら、ゴミためのような部屋に暮らす、桃ケ丘音楽大ピアノ科の野田恵(のだめ)が主人公で、同じ桃ケ丘音... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 18時16分

« BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン | トップページ | 溢れ出る混沌・『大竹伸朗・全景』展 »