« 『サンセット大通り』の映画化? | トップページ | BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン »

2006年11月 3日 (金)

Nifty18周年

@Niftyから入会18周年の通知が来ました。これ・・・って、かなり古くない?

前にも書きましたが、当時はパソコン通信の黎明期で、多くの好奇心旺盛な物好きたちが集まりつつありました。Nifty(富士通系)とPC-Van(NEC系)の2大PC通信ネットが凌ぎを削りあい、会員規模は全国で5-10万人になろうという時代でした。

PCはようやく8Bitから16bit、やがて32bitが登場しMS-DOSの普及が開始された頃です。未だWINDOWSもインターネットも存在せず、MACの画期的なMan-Machine InterfaceとPC通信がそれらへの前史となっていました。

PC通信の中心はフォーラムと呼ばれる同好サークルです。僕の場合は、FINTCUL(後のFWORLD)を中心にFCIVIL、FDESIGN、FCHEMICALなどに顔を出しながら、その他の多くのフォーラムをROMって(これも古い!)いました。後半からはFWORLDのロシアフォーラムを拠点としていました。

家でのMAC LC475に加えて、電話回線さえあればどこでも通信が出来るようにモデムを装着したWBN(5行のワープロ)を持ち歩きました。モバイル通信のはしりですね。頻繁だったのがフォーラムのRT会議とOff-Lineです。RTとはReal Timeの略で、いわゆるチャットです。深夜になると常連たちの夜な夜なのお喋りが始まります。RTではUST、SEND、PROF、PAGEといった怪しげなコマンドが飛び交いました。ホイミ、ギラ、ラリホー、リレミトなどと同様に実社会では全く役に立たない代物です。当時のフォーラム仲間たちとは今でも交流があります。

今ではブログの女王、眞鍋かをりさんがネット界に大きな役割を果たしていますが、当時は「ちばれい」こと千葉麗子さんPC雑誌やゲーム雑誌の表紙を飾っていました。TVでは準主役級でしたが元祖電脳アイドルの主役でした。早くに引退し、今ではIT企業の代表を務めると共にヨーガのインストラクターとして活躍されているようです。

そんな1980-1990年代を経て、いつの間にやらNifty Serveは消滅して@Niftyという巨大なプロバイダーが取って代わり、Yahoo、Google、YouTubeといった新しいメディアが続々と誕生しています。

まだしばらくはネット世界を漂うことになりそうです。

|

« 『サンセット大通り』の映画化? | トップページ | BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/12537916

この記事へのトラックバック一覧です: Nifty18周年:

« 『サンセット大通り』の映画化? | トップページ | BEHIND THE MASK・・・サラ・ブライトマン »