« パウル・クレー展 | トップページ | 皆川博子『冬の旅人』 »

2006年8月29日 (火)

ザルツブルグ音楽祭『ガラ・コンサート』

生誕250年を迎えてモーツァルトづくしだった今年のザルツブルグ音楽祭も830日をもって約40日間の宴を終わろうとしています。期間中は下のWebsiteを眺めながらため息をついていました。

http://www.salzburgfestival.at/home_e.php?lang=2

モーツァルトのほとんどのオペラ、全22作品が一挙に上演されたとのことですが、中でも最大の目玉はネトレプコ(スザンナ)、レシュマン(ロジーナ)、シェーファー(ケルビーノ)という今が旬の最強女声トリオとアーノンクール指揮ウィーンフィルによる「フィガロの結婚」でしょう。先日は早くもNHK FMで放送されていました(聴き逃しましたが)。昨年はネトレプコ人気により、「椿姫」が翌正月にNHK BSで放映されたように、今年も同様に映像で放映されることを大いに期待したいものです。個人的には「ドン・ジョヴァンニ」でのシェーファー(ドナ・アンナ)も是非聴いてみたく、この舞台の映像化も強く願っています。

オペラに加えてコンサートも多く上演されています。その中で730日のガラ・コンサートの映像が早くも(実に!)先日(826日)、BSで放映されていました。D・ハーディング指揮ウィーン・フィルをバックに、普段あまり聞かれないモーツァルトの珍しいアリアが多く紹介されていました。60828petibon_1 そして、ハンプソン(Br)、シャーデ(T)、ネトレプコ(S)、コジェナー(Ms)らの大物に混じってパトリシア・プティボンがついにザルツブルグに登場です。「ポントの王ミトリダーテ」からの一曲をいかにもプティボンらしい豊かな表現力で聴かせ、次の時代を予感させてくれるものでした。

|

« パウル・クレー展 | トップページ | 皆川博子『冬の旅人』 »

コメント

YASU47さん、こんにちは。TBありがとうございました。
これ、録画したっきりになっちゃって、まだ見てませんでした。プティボン・ファンクラブ(?)の一員として、あるまじき行為ですかね。反省しています^_^;;
TB返しさせていただきました。

投稿: Orfeo | 2006年8月31日 (木) 08時43分

おぉ、Orfeoさんも私設プティボン・ファンクラブの一員だったのですね(^o^)。参加資格は、美しい声のソプラノが好き♪、美人ソプラノが好き♪、基礎のしっかりしたソプラノが好き♪、知的なソプラノが好き♪、演技派で表情の豊かなソプラノが好き♪、将来性のあるソプラノが好き♪で、かつ、ミーハー・オペラファン♪です。会員証も特典も無し。皆さんも如何ですか?

投稿: YASU47 | 2006年8月31日 (木) 22時38分

yasu様こんにちは!
以前ブログにプティボンのことでコメントを頂いていた者です
今年は生プティボンを2回観ようと思ってます(1つはチケット入手済み)
http://www.operadeparis.fr/Saison0607/Spectacle.asp?Id=1015
バスティーユのホフマン物語のオランピアと
(2000年にドィセイがやって話題になったものとたぶん同じ演出)

http://www.sallepleyel.fr/francais/programme/detail_representation.asp?id_rep=12678
プレイエルでの子供と魔法(コンサート形式)

ゾフィーを観にウィーンに行きたいです☆

投稿: michi | 2006年9月 1日 (金) 06時52分

michiさん、お久しぶりです!
お元気な様子で何よりです。秋の早いパリではもうすぐマロニエの落ち葉の美しい季節となりますね。

さすがご当地、生プティボンを度々見ることが出来るなんて羨ましい限りです。「オランピアの歌」はアルバム「French Touch」にも含まれていましたね。デッセイばりの美しいコロラトゥーラの一方で自由奔放な歌いまわしをしていました。
「子供と魔法」というのは未だ聴いたことがありません。ラベルによる珍しいオペラだそうですね。興味津々ですので行かれた後にはmichiさんのblogでぜひ紹介をお願いします。

日本での生プティボンは来年の5月までおあずけです。

投稿: YASU47 | 2006年9月 1日 (金) 17時36分

YASUさん、私も録画したままになっていた「優雅なインドの国々」を
観てしまいました。ラストにこんな素晴らしい部分があるとは知りませんでした。
ザルツガラはその前に見たのですが、なんとなく気になる歌手でした。
美声、美貌はさることながら、その愛くるしい表情や動作にも、
大いに惹き込まれるものがありますね!

投稿: ご~けん | 2006年9月 1日 (金) 23時36分

ご~けんさんにもプティボンの魅力にはまっていただけたようでとても嬉しいです♪
「優雅なインドの国々」は演奏、演出、美術、振付が素晴らしく、バロックオペラというものはこんなにも自由な展開を可能にするのかと驚かされたものです。ここでのプティボンはコミカルな表情と動きで彼女の真骨頂です。最後のシーンは、普通ならカーテンコールになるところをW・クリスティとプティボンがまたまた楽しませてくれるというサプライズ付きです。

投稿: YASU47 | 2006年9月 2日 (土) 00時19分

プティボン5月に来日するんですね?初めて知りました!
楽しみ~また報告お願いします☆

投稿: michi | 2006年9月 3日 (日) 07時14分

>michiさん、
下記のURLによるとNancyでスザンナもあるのですね。いいなぁ、フランスは。
http://www.operabase.com/listart.cgi?lang=en&name=Petibon,%20Patricia

ところで、michiさんの来日凱旋リサイタルはいつあるのだろう(^_^)?


投稿: YASU47 | 2006年9月 4日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/11671384

この記事へのトラックバック一覧です: ザルツブルグ音楽祭『ガラ・コンサート』:

» 夏の音楽祭:ザルツブルク音楽祭 [orfeo.blog]
8月も末となり、2016年五輪国内候補地も東京に決定!・・・ということで(?)、各地で開催されている夏の音楽祭もそろそろ終わりです。(←keyakiさんの真似っこw)最近ではインターネット放送も充実し... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 08時37分

» プティボンのフランスバロック・アリア集 [Takuya in Tokyo]
ソプラノ:パトリシア・プティボン 管弦楽:レ・フォリー・フランセーズ ラモー、リュリ、シャルパンティエ、グランヴァルのアリア (録音:2001年)    えー、学会もあと数日に迫った昨今ですが、気がついたときには「クラオタの聖地」お茶ユニに足を運んで....... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 05時49分

« パウル・クレー展 | トップページ | 皆川博子『冬の旅人』 »