« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月17日 (土)

mixi体験

ソーシャル・ネットワーキングサイトmixi(ミクシィ)」をご存知でしょうか?既会員の紹介がないと入会出来ないということで安心感を売りにしたネットワークです。メンバー数が急上昇しており、代表者もITビジネスの成功者の一人としてマスコミ等に紹介されています。僕も数ヶ月前にniftyserve時代のフォーラム仲間(LENIさん、ありがとう!)からお誘いを受けて会員(無料)となり、サイト内のあちこちを覗いてみましたが、かってのniftyserve以上に懐が巨大なことと、会員平均年令がいかにも若そうなことで気後れしてしまい、あまり利用はしていませんでした。

ところが、誰でも立ち上げることの出来る(そこがniftyserveのフォーラムと異なります)コミュニティのひとつ『いつか、アルジェリアへ』という小ソサイティにこの数日書き込みを行っています。書き込み内容は「スキクダの街」「カスバ」「アルジェリアを舞台にした映画」といったかなりマニアックな話題ですが、もう25年以上も昔に長期滞在していたアルジェリア時代を懐かしみながらniftyserveのフォーラム気分で参加しています。

mixiでは他に趣味の「オペラ関連」に加えて「ウズベキスタン」「鎌倉高校」「八千代緑が丘」といった実に狭い範囲のコミュニティに参加しています。興味のある方、お暇な方はお立ち寄り下さい。また、私とネット上のお付合いがあり、mixi参加ご希望の方はメールでお知らせ下さい。入会紹介を致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

初戦敗北!

オーストラリア相手のW杯初戦は見事な敗北でした。60615wc1_1敗因についてはすでに多くのことが語られているので改めて付け加えることはありません。ジーコ監督と選手たち自身が一番痛感していることでしょうし、教訓は次の試合に必ずや生かされることでしょう。

最初のゲームでは「負けるな!」という意識が強すぎて見ているほうも疲れましたが(TVの前で寝転がって観戦していたにも拘らず(^^;))、今回の敗北によって一次リーグでの敗退はほぼ確実となり、もう恐いものはありません。次戦は4-4-2で小笠原選手の出番が濃厚です(前にも書いたように僕の好みの布陣)。加地選手の復活と相俟って「面白い」ゲームを期待できそうです。先発2トップは柳沢(鹿島ラインに期待)+巻というのはどうでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

あと2日!

ワールドカップの開幕がいよいよ2日後に迫ってきました。ことサッカーに関しては私もいっぱしの愛国者(!)となります。もっとも自民党の憲法改定草案や教育基本法の改悪案に記載されている「強制された愛国心」「排外的な愛国心」とは対極のものではありますが・・・。

オーストラリア戦を控えてジーコ監督は3バックで臨むことを明言しているようですが、この場合、僕のお好みの小笠原選手の出番がなくなってしまうのが残念です。途中から4バックに変更して中村、小笠原のダブル司令塔にするか、3バックのままでも、1トップ(この場合は柳沢)あるいはゼロトップ3シャドウ(中村、小笠原、小野)とすることによって前線からの守備を固め、かつ相手も翻弄出来るのではと期待。こうして、素人戦術をいろいろと考えるのも楽しいですね。60607wc

さて、4年前の決勝戦、僕はフランクフルトのレーマー広場に設置された巨大なスクリーンでパブリックビューイングを楽しんでいました。写真のように、広場はドイツの旗で埋め尽くされていましたが、ブラジル国旗も負けてはいません。両者は衝突することもなく、実に和気あいあいとしたお祭りの雰囲気でした。結果はブラジルの1-0での勝利。会場のブラジル人たちのサンバの踊りを交えた喜びようは見ているほうも楽しい気分にさせてくれます。ドイツ人もブラジル人もサッカーを心から愛し、楽しんでいました。日本のサポーターたちも、あまり思いつめることなく、ゲームとナイスプレーを楽しみながらの応援をしてもらいたいものですね。60607wc2

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »