« 危険な海上ゲーム(その2) | トップページ | 映画『RENT』 »

2006年5月 4日 (木)

庄内への小旅行

GWの前半、庄内地方へ小旅行をしてきました。Shonai_1 あいにく天候には恵まれませんでしたが、それでも周辺のドライブや立ち寄り温泉を楽しんできました。この地域では、鶴岡市付近からは月山、酒田市付近からは鳥海山という、畏敬と信仰の対象でもある二つの名山をそれぞれ眺めることが出来ます。とりわけ、穏やかな田園を前景にした構図には素晴らしいものがあります。この季節、山頂付近はまだ雪に覆われており、人を寄せ付けません。

今回は数年ぶりに訪れたのですが、鶴岡市の中心通りの寂びれ度合いが進行する一方、郊外の発展振りが顕著でした。とりわけ、酒田市との間の三川地区に出来たショッピングセンターには驚かされました。東京近郊ではとても望めない広大な土地に巨大店舗群が出現しているのです。もっとも集まっているのはシネコンに加えて、イオン、Jusco、コジマ電機、K’s電機等々といったお馴染みの量販店であり、地方色と面白みには全く欠けています。こうして、地方の画一化がますます進行していく姿を月山と鳥海の神々はどんな感慨をもって眺めているのでしょうか。

|

« 危険な海上ゲーム(その2) | トップページ | 映画『RENT』 »

コメント

あざらしさん、こんにちは
国内の田舎への旅行も良さそうですね。
ところで昨日、テレビでアメリカのドキュンメンタリーを横目で見ていたのですが、米国ではウォルマート(大型ディスカウント店)、ボーダーズ(書店)、スターバックス等が小さな街まで進出し、小売店を圧迫しているが、大型店は地元に利益を落とさないので、住民と小売店が協力して戦っている、という話でした。
アメリカに行ってつまらないのは、どこの街でも同じ店が同じものを売っていることで、それに比べてブルターニュの小さな街などは、小さなお店をぶらぶら見て歩くと、それぞれ個性があって飽きませんでした。

情報化が進むと、どのお店も売れ筋だけを置くようになることもつまらないです。以前は近所のスーパーのどこかにビーツの缶詰があったのに、最近は、そんな売れないものを置いてくれるスーパーは無く、どこにいっても同じ品揃え。効率化を進めているのはわかるんだけど。。

投稿: LENI | 2006年5月 4日 (木) 12時34分

LENIさん、こんにちは!
そうですね。国内では消費の画一化が凄まじい勢いで進んでいますよね。ほとんどの地方都市でドーナッツ化が進んでいて、中心からちょっと外れた幹線道路沿いにコンビニやファミレスが立ち並び、郊外には巨大ショッピングセンターというパターンが多いようです。完全にアメリカの地方都市型で味気ないこと、この上ないです。
ビーツの缶詰というのは近所の大型スーパーでも見たことがありません。先日見かけたピクルスの瓶詰はロシアかヨーロッパ製かと思ったら何と「スリランカ産」の表示。スリランカってピクルスの名産地?(あざらし)

投稿: YASU47 | 2006年5月 4日 (木) 22時49分

Kawaiさん こんにちわ~
庄内!こちらでもう2回ほど旅させてもらいました ☆ヾ*^-^*
量販店・・そんなにですかぁ~
私は帰る度に、家のスタイルがどこも同じになってるんだな~と感じておりました。
画一化の良いところもあると思うのですが、
常磐、磐越、東北自動車道、周りの家がほんとど同じに(色まで)見えまする  (^^ゞ

お父様のこと、伺いました。
天寿を全うされたことではございますが、
やはり親が居なくなるということは、、なんぼになっても淋しいことですね。。
ご冥福をお祈りいたします。。

投稿: れぃん | 2006年5月20日 (土) 10時27分

れぃんさん、
庄内の空気を味わっていただき嬉しいです。そう、量販店とコンビニは全国共通の風景になりましたね。次は、乗り物の中での携帯と化粧風景の全国化かな?

お悔やみありがとうございます。91歳、天寿をまっとうしました。

投稿: YASU47 | 2006年5月20日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/9888684

この記事へのトラックバック一覧です: 庄内への小旅行:

« 危険な海上ゲーム(その2) | トップページ | 映画『RENT』 »