« モーツァルトの楽しみ♪ | トップページ | 無伴奏 »

2006年2月11日 (土)

ヴィオラ奏者、金丸葉子さんの紹介

長い間、応援している演奏家がいます。一昨年からアムステルダムのロイヤルコンセトヘボウ管弦楽団のヴィオラ奏者として活躍されているヴィオラ奏者の金丸葉子さんです。

きっかけは1995年暮れにモスクワで開催された国際ヴィオラコンクールでした。当時の僕は仕事で頻繁にモスクワを訪れており、空港での入国手続き時の際に僕の真後ろに並んでいたのが当時まだ桐朋学園に在学中の金丸さんでした。長い待ち時間中の雑談で、そのコンクールのことを聞き、真冬のモスクワに単身乗り込んできた彼女の勇気に感心したものでした。会場のモスクワ音楽院は会社の事務所のすぐそばだったこともあり仕事の合間に応援に出かけました。会場は狭く、かなり地味なコンクールではありましたけど、主催はヴィオラ奏者の大御所、ユーリー・バシュメット氏でした。日本人の聴衆は僕を含めて二人ということで、何だか家族的雰囲気の応援でした。弾いたのはモーツァルトとブラームスだったと記憶しています。このコンクールで金丸さんは審査員特別賞を受賞しました。

以来、自称ファンクラブ会員第1号として、金丸さんの動向には注目してきました。桐朋学園を卒業後、ベルリン、続いてフライブルグに留学され、ついには名門コンセルヘボウの正式団員として採用され今日に至っています。その間、今井信子さんのヴィオラスペースやサイトウキネン・オーケストラへの招請、室内楽やソロリサイタルの開催、NHK音楽番組への出演等、活躍の場を広げてきました。昨年(2005年)8月には凱旋公演ともいえるリサイタルを東京で開催、美しく味わいのあるシューベルトとブラームスを聴くことが出来ました。

個人的にもコンサートへの案内やメールでの近況報告を頂いていると共に、素人音楽ファンとしては興味深い楽屋話なども聞かせてもらっています。

その金丸葉子さんの公式ウェブサイトが誕生しました。

http://www.yokokanamaru.com/

昨年のリサイタル録音も以下のURLでダウンロードが可能です。

http://www.mde.co.jp/bravissimo.html

今後の一層のご活躍を期待しています。

|

« モーツァルトの楽しみ♪ | トップページ | 無伴奏 »

コメント

かわいさん こんばんわ~  *^-^*
今日はぽかぽかのお天気で、さっそく畑へ出稼ぎに行って参りました^^
金丸葉子さんのご紹介記事、読ませていただきました。
もう10年も栄誉ある第1号会員として、応援していらっしゃるんですね。
演奏なさる方ももちろん素晴らしいんですけど、そのように地味な時からの変わらぬ応援を続けていらっしゃるかわいさんも素晴らしいと思います。

お礼申し上げるのが遅くなってしまいましたが、HPのリンクありがとうございました。
拙い小さいHPですのに、さっそくに恐れ入ります・・
畑でも春がもう動いております^^♪
燃えるような赤」と言いますけど、カモミールの緑も「燃えるような緑」なんですぅ  *^-^*
穏やかな一日に感謝をして 。.:*・゚☆

投稿: れぃん | 2006年2月13日 (月) 22時23分

れぃんさん、こんにちは!書き込みをありがとうございます。
かもみーるにもお邪魔しました。お喋り満載で賑やかですね。(パッチワークの話題にはついていけないけど(^^;))
これからは春の花と春野菜の世話で忙しくなることでしょうね。健康な日々が過ごせること羨ましく思います。
(かわい)

投稿: YASU47 | 2006年2月14日 (火) 21時19分

同感です。2010年11月27日、ヤマハホールでの日本ブラームス協会例会コンサートで、シューマンとブラームスのピアノ五重奏曲を聴きました。何年か前にアムステルダムに行かれる前の年のコンサートも聴きました。とっても良いですね。
12月のNYであるサイトウキネンオケに参加するとおっしゃっていました。

投稿: | 2010年11月30日 (火) 22時24分

コメントありがとうございます。
とても魅力的なプログラムだったのですね。金丸さんの演奏には一昨年のCD「シャコンヌの情景」以降ご無沙汰しています。コンセルトヘボウでのツアーをはじめ相変わらず忙しく活躍を続けておられるとのことで何よりです。

投稿: YASU47 | 2010年12月 1日 (水) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161527/8611541

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラ奏者、金丸葉子さんの紹介:

« モーツァルトの楽しみ♪ | トップページ | 無伴奏 »